CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
12月10日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

ドイツの詩人ゲーテは

「人間の最大の罪は不機嫌である」と(ドイツ語で)言ったそうです。

 

 

昨日は笑顔や笑いの効果効能を話しましたが

 

今日はそれとは真逆の怒りや不安について・・・

 

 

よく、口が悪いことや、遠慮なく物を言うことを「毒を吐く」と言いますが、怒りの感情や言葉には実際 毒気があって、その影響を最も受けるのが、言っている当の本人。

 

身体では

心臓や肝臓や胆のうにも負担がかかり

腹痛(消化不良、胃腸の機能障害)

脳の機能も低下させます。

ほかにも腰痛。

 

 

心的には

怒りは興奮状態。

それが不安などの感覚をマヒさせ

一時的に解放されたような感覚になりますが

(「気持ちがイイ」は勘違い)

 

それは あくまでマヒしているだけ。

その後 強い嫌悪感をおぼえ

それが つらくて また怒り出したりします。

 

(怒りが怒りを呼ぶ)

(怒るのがクセになる)

 

「あいつのことが頭にきて寝られない」とき、相手は寝てるんです。

(自分だけ寝不足とイライラ)

 

 

怒りや不安は

その矛先(相手)より、自分を傷つけます。

 

 

周囲とのいざこざが増えたり

人から距離を置かれてしまうかもしれません。

 

 

 

かの徳川家康公も「怒りは敵と思え」と言っています。

 

怒りという感情は自分が生み出すものですが

その感情に振り回されて、自分を見失ったり、傷付けてしまうことは誰も望まないはず。

 

 

 

そこで、怒りやすさを緩和するを調べてみると・・・

 

規則正しい生活

朝日を浴びる

日に何度か深呼吸

湯船にゆっくりつかる

パートナーとのコミュニケーション・スキンシップ

読書が大切だそうです。

 

 

個人的には

小さいことに感謝する習慣も大切だと思います。

 

 

感謝の世界は 楽しく心穏やかで

怒りの世界は つらく心乱れてしまうもの

 

 

小さなことにでも感謝する習慣が

怒りを遠ざけてくれる・・・そう思います。

 

 

ちなみにトレーニングも

怒りや不安な気持ちでやるより

楽しく、感謝の気持ちでやった方が成果は上がります。

 

 

ちなみに

自分のイライラ度を確認する方法として

 

会話だとイライラ言葉がクセになっていて気付かないかもしれないので、メールなどに打ち込んでいる言葉でチェックするのも一案でしょう。

 

 

続く。

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月9日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

もう三週間もすると新年。

 

そして、正月といえば一流芸能人のGACKT氏

その彼の名言に「女の武器は涙ではなく笑顔」というのがあるそうです。

 

 

女性の武器は涙ではない

ましてや怒った顔でもない「笑顔」だと

 

・・・多くの女性に届けたい、素晴らしい言葉だと思います。

 

 

笑いというと

古くから「笑う門には福来たる」

「笑いは百薬の長」「笑いに勝る良薬なし」といった諺(ことわざ)が有名ですが

 

そのほかにも

 

一度笑うと ひとつ若返るというとこで、「一笑一若」といったものもあります。

 

 

先人は、笑いが健康にどれほど良いものなのかを

身をもって感じていたのでしょう。

 

 

現代では科学的にも

 

笑には免疫力のアップ

脳の働きの活性化、血行の促進

幸福感とやる気アップ

ストレス解消

そして自律神経のバランスも整うとされています。

 

 

 

 

逆に、怒ったり不安だったりすると

体調を崩す原因になります。

(これについては後日)

 

 

また、笑いや笑顔は

人間関係を和やかで楽しいものにしてくれます。

 

 

日々を元気に

そして気持ちよく過ごすためにも

 

昨日話した「笑顔筋」を

鍛え磨いていきたいものです。

 

 

ちなみに

「笑顔になんかなれない」という方

 

いろいろな事情もあるでしょうが

 

猫背だったり

姿勢が崩れていると

 

顔の筋肉の機能が低下し

笑顔になりにくくなります。

 

同時に、思考もネガティブになりやすくなります。

 

 

笑顔は自分も

周囲も幸せにしてくれる大きな力を持っています。

 

 

笑顔は最高のボランティア。

 

だから「まず 笑顔!」

 

そして、笑顔に出合ったら すぐにシェアです。

 

 

続く。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

 

 

 

| 心 こころね 音 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月8日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

「笑顔について考える」

 

表情は、表情筋によってつくられます。

 

そして

ほかの筋肉同様、表情筋も使うほど磨かれていきます。

 

 

もし、イライラしてばかりいる人がいたとしたら

「怒り顔筋」が強化されて

 

別に怒っていなくても

どこか怒ったような顔になってしまいます。

(いつも眉間にシワを立ててるとか)

 

 

逆に笑顔でいることが多い人は

「笑顔筋」が発達するので

優しく明るい表情になりやすいものです。

 

 

※「怒り顔筋」も「笑顔筋」も造語です。

 

 

 

人の顔つきや容貌を「人相」と言いますが

 

「相」とは、外にあらわれたかたち。

すがた、ありさままという意味も持っています。

 

 

ということは

人の相(そう)は顔に出るってこと。

 

 

いつも笑顔を心がけ

自分の心も

周囲の心も和やかにできるような

 

 

そんな人相になりたいものです。

 

 

続く。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月7日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

有名な

「為(な)せば成(な)る 為さねば成らぬ何事も」

 

正確には

「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」

 

多くの人が座右の銘として挙げる この言葉は

 

江戸時代の米沢藩主(山形県)の上杉鷹山公の言葉。

(武田信玄公の詠んだ歌を模範にしたともいわれています)

 

 

 

個人的な解釈としては

 

 

成し遂げようとする意志と

それにともなう行動があれば

何事も達成できる。

 

できないというのは

やるべきことを やっていないから。

 

 

・・・そう理解しています。

 

 

そして、これもまた昨日話した「道理」に同じで

 

なんとしても達成するという

意志と行動があれば、道理の横壁にぶつかりながらも、次第に辿り着く道のりが、真直ぐ(に)見えてくるものだと思います。

 

 

一回や二回の失敗で自信を失うようじゃ本気じゃありません。

 

人は失敗することで、自分の力量を知ります。
(失敗するまで、自分の力量の程度はわからない)

 

自分の力量を知ってこそ、人は夢見がちではない、本当の目標を立てることができます。

 

その繰り返しだと思います。

 

 

ちなみに

 

「為(な)せば成(な)る 為さねば成らぬ何事も」は、さすがに言い回しが難しいので、自分でもわかりやすい言葉に筋肉変換すると

 

「やってやれないことはない やらずにできることはない」

 

名言を自分になじむ言葉に変換し活用すると、力が湧きやすいのでオススメです。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月6日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ


熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

つまらない話になるかもしれませんが

 

 

もし「道理」に形があったら

どんな形なんだろう?

 

 

そんなことが頭に浮かんできて・・・

 

 

しばらく考えてイメージしたのが 

どこまでも真直ぐな明るく白い通路でした。

 

 

 

すべての物事には道理があって

 

その道理に沿えば 物事は順調に運び

無視すれば失敗したりします。

 

 

道理って難しいことのようにも思えるんですが、言い換えれば「当たり前」のことでもあるので、きっと形にしたら、真直ぐで真っ白で、四角い通路のような、とてもシンプルなもののように思えます。

 

 

もし、本当に素直な人(物事がありのままに見える人)だったら

この廊下を真直ぐ歩いて行けるでしょう。

 

 

でも、私もそうですが

人は思い込みや先入観や

我や欲などが働きやすいところがあって

 

ついつい道理からズレて

思い通りに事が運ばなくなることがあります。

 

 

そんなとき私たちは

「目の前の壁が・・・」なんて言いますが

 

それは道理の廊下の横壁のことだと思います。

 

自分の心の向きが真直ぐではなく

横を向いているから

横壁が「目の前の壁」「正面の壁」に見えてしまうのでしょう。

 

 

その壁の向こうに進もうとするより

道になぞらえて 正面を向くようにする。

 

それに気づくと、また物事が順調に進むようになる・・・

 

そんなカラクリになっているように思えます。

 

 

人間て

真直ぐな道理の通路を

何度も何度も横壁にぶつかったり

 

正面の壁だと思い込んで 進めずに足踏みしたり

 

壁にもたれて動けなくなったりしながら

 

道理を学んでいる。

 

 

・・・そう考えると、自分的には腑に落ちます。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月5日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

 

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 熊吉

 

先日の教室に参加した方から

 

「肩が痛くて お医者さんに行ったところ

原因は「老化」と言われた」と言ってガッカリしてました。

 

 

誰でも歳はとるもの

それが原因だと言われたら

「治らない」と言われているのと同じだと言うのです。

 

 

一緒に参加されていた方も

「うんうん」といった感じだったんですが

 

 

それは勘違い!

 

原因が「加齢」だったら

こうしている間にも症状は悪くなっていくかもしれませんが

 

「老化」なら

 

そのスピードを鈍化させる

できればストップさせる

さらには若返る・・・ことが筋肉なら可能です。

 

 

「加齢」とは生まれてからの時間の経過。

時間の流れる速さは すべての人に同じなので

みんな同じスピードで歳をとっていきます。

 

 

それに対して「老化」は機能が衰えていくことで

そのスピードや状態も人によって違います。

 

 

だから

日頃から健康管理に気遣い

何歳になっても若々しい人もいれば

 

逆に、年齢は若いのに

老けて見える人もいるんです。

 

 

たしかに人は誰でも老化します。

 

私も老眼だし、髪もかなり白くなってきました。

(最近は薄毛のスイッチも入った感じが)

 

それでも筋肉は

正しく鍛えれば何歳になっても発達するんです。

 

 

現にGYMには

75歳代半ばでもバンバン懸垂している お父さんもいます。

70歳近いのに、100前幣紊離弌璽戰襪妊肇譟璽縫鵐阿靴討い襪父さんもいます。

 

 

GYMでトレーニングしている人たちの様子を見ていると

 

筋肉だけは

本人の努力次第で発達するように

若さを保てるように

神様が拵(こしら)えてくれた・・・そう思えるんです。

 

(筋肉には神様の愛を感じます)

 

 

ちなみに

教室の時

肩が痛いと言っていた方も

 

教室が終わったころには

かなり改善されてました。

 

(筋肉には人類の可能性を感じます)

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月4日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

トレーニングの効果を

より上げようとして

 

むずかしいことをしようとする人が

多いように思います。

 

 

もっと基本的な

 

足の向き

足の幅

器具の握り方

手首の角度

姿勢

視線など

 

 

実に平凡なところを錬り磨くこと

掘り下げていくことが大切だと感じます。

 

 

手元足元は負荷の入り口

 

基礎的なことは

派手さもなく 

傍から見たら同じことを反復しているように見えて

目新しさもなく

退屈に思えるかもしれませんが

 

なにごとも基礎は土台。

 

 

土台の強度を超える 大きさの建物はありません。

 

タイヤの機能を超える車もありません。

 

 

 

基本を磨く 平凡を磨く

それが大きな成長につながります。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月3日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 


熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

 

昨日の話の続きで

 

 

畑からとってきた

土がついたままの野菜を

そのまま食べることはできません。

 

肉も血抜きもせずに

生肉のまま食らうことはできません。

 

 

普段 美味しく食べている食材も

そのままでは食べられない

調理しないと食べられない・・・

 

 

これって 日々の出来事もそうだと思うんです。

 

 

そりゃ果物のように

そのままパックンでも

美味しい・楽しい・嬉しい出来事もあるでしょう。

 

でも

とったままの食材のように

そのまま受け取ると、不愉快だったり

不平不満のもとになるようなことが

あると思うんです。

 

 

それを 食べ物なら

 

洗ったり、熱を加えたり

調理することで美味しく食すことができるように

 

 

日々の出来事も

見方・聞き方・考え方を工夫して

 

その出来事を自分のためになる体験として調理(解釈)し、吸収することができると思うんです。

 

 

調理とは

食品を料理すること以外にも

物事の具合を良く整えるという意味があります。

 

もしかすると

「理(ことわり)に調(ととの)える」

「道理に合わせなさい」という意味なのかもしれません。

 

 

食材も日々の出来事も

「そのまま」ではなく

良さを引き出し

調理して いただく(吸収する)ことが大切。

 

 

料理なら「ひと手間かけて」

日々の出来事には「ひと知恵(一考)加えて」といったところでしょうか

 

 

・・・続く。

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月2日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

昨日の話の続きで

 

 

日々の出来事には

そりゃ腹の立つこと頭にくることもあるけど・・・

 

 

それをそのまま受け止めると

口から文句や不平不満が出やすくなります。

 

 

愚痴や不平不満などは

言えば「スッキリする」わけではなく

ますますイライラしやすくなります。

 

 

そしてイライラも癖になりやすいんです。

 

おまけに腰痛や頭痛など、体調にまで影響を及ぼすことがあります。

(この仕組みは後日あらためて)

 

もちろん周りも影響を与えます。

(ワイワイしているところに不機嫌な人が来ると空気が変わったり)

 

 

普段 使っている言葉に

その人の「思考のクセ」があらわれます。

 

 

たまには自分の使っている言葉に

耳を傾けてみると

自分の心の声が聞こえるかもしれません。

 

 

 

お肌の乱れは 健康の乱れ

 

言葉の乱れは 心の乱れ・・・といったところでしょうか。

 

 

続く。

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月1日 おはようございます。

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

昨日の話の続きで

 

 

仕事でもトレーニングでも

 

慣れることは大切でも

 

気持ちまで なれて

「なれっこ」になってはいけない。

 

気持ちは新鮮でいないといけない。

 

 

人は物事に慣れることによって

次のレベルに進めるのですが

 

ただ 慣れただけというのは、それは当たり前になっただけ。

それは「なれっこ」になっただけ。

 

 

よく「ありがとう」の反意語は「当たり前」で

 

当たり前が増えるほど

人は幸福や幸運が減ると言われます。

 

 

仕事でもトレーニングでも

なんでも「なれっこ」や「当たり前」になったらいけません。

 

 

「なれっこ」や「当たり前」は鈍感さにつながります。

 

(当たり前になってるから、本人は気づかない)

 

 

目の前にあるものや

出来事に鈍感になってしまうと

気付きが減り、モチベーションも下がり

質は低下します。

 

 

もちろん相手にも伝わります。

 

 

なれることは大切

でも、なれっこになったらいけない。

気持ちはいつも新鮮でありたい。

 

 

ちなみに「気づき」とは不平不満ではなく改善です・・・という話はまた明日。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で 

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/535PAGES | >>