CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
5月20日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

昨日まで筋肉学的に魅力を向上させる方法についてお話ししました。

 

 

特に筋肉は、磨けば誰でもカッコよくキレイになるようにデザインされているので、ぜひ筋トレやってみてください。

 

・・・とは言っても

「いや、私は結構です」という人もいるはず

 

それはそれでOK

人にはいろいろな考えがあっていいんです。

 

 

でも、心のどっかで

「筋トレしてみたいな」

「筋トレしてみようかな」

「トレーニングで自分変えたいな」と思っている人は、絶対やった方がいい。

 

それは断言します。

 

 

 

ボディビルというと

「筋肉を発達させるだけのもの」と思われがちですが

 

 

それだけじゃないんです。

 

それだけじゃないから10年、20年・・・さらには、50年、60年とやっている人たちがいるんです。

 

 

もしボディビルが筋肉の発達だけが目的の

薄っぺらなものだったら

 

30代、40代という肉体のピークを過ぎたら

もうトレーニングなんて誰もしません。

 

 

・・・でも そうじゃない。

 

 

充実しているという点では楽しいけれど

トレーニングは楽(らく)ではありません。

 

 

逃げたくなる弱い自分と何度も出くわします。

続いているってことは、弱い自分と何度も戦ってきたってことです。

 

 

成長したくても 思い通りにいかないことを何度も体験することで、自分なりの工夫も生まれてきます。

 

 

ボディビルには画像などでは見えてこない

魅力というか学びもあるので

 

明日から「ボディビルの魅力」についてお話します。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月19日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

 

筋肉学的 魅力向上法の〆は やはり筋肉。

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

今では筋肉を鍛えることが

 

体形を整えること

体調を整えること

 

そういった肉体的なことばかりでなく

 

精神的な部分にも作用することが知られるようになってきました。

 

 

便利過ぎて、自分の体を使う機会が激減した日常

 

使わなければ 衰えていく肉体

 

衰えれば 心身は弱くなり様々な不具合が発生するようになります。

 

 

人間には、現代の生活様式が本当は合っていない・・・だから「現代病」になるんです。

 

 

「なんのために筋肉 鍛えてるの?見せるため?」

 

そんなことを言っている時代じゃありません。

 

(人のカラダをとやかく言う前に、自分の体に目と心を向けることです)

 

 

広く言われている

QOF クオリティー オブ ライフ (quality of life

 

生活の質、人生の質を高めるには健康は要の中でも大要。

 

日常生活で肉体的な機能を使わなくなった分

トレーニングなどを行って、機能を維持・向上をさせる必要があるんです。

 

 

 

命って、一生って

生まれてから、自分の体がもつまでの間。

 

体がもたなくなったら、命はそこでお終いです。

 

しかも 体は一生に一つだけ、替えがきかないもの。

 

 

そんな体を鍛え、質を上げることは

日常の生活の質を上げることにつながる・・・なんていうのは当たり前のこと。

 

 

 

自分を支えているのは、自分の足腰。

その足腰を鍛えることができるのは 自分だけ。

 

出ているお腹を引き締めることができも 自分だけ。

 

運動不足で体力不足な自分を改善できるのも 自分だけ。

 

 

誰も代わりに やってくれたりなんかしません。

 

自分を改善することができるのも

変えることができるのも 本人だけ。

 

自分次第なんです。

 

 

カッコよくなる、キレイになるに年齢制限はありません。

そして、「まだ早い」「もう遅い」にも根拠はありません。

 

いつでもトレーニング開始OK

 

 

機能を磨いて魅力的にならないわけないじゃないですか。

 

安心してボディビルを楽しんでください。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月18日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

筋肉学的 魅力向上法

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日の話の続きで・・・

 

以前、「喜怒哀楽」について

 

この言葉は人間の感情の種類を表しているだけではなく

 

朝は喜びで迎えよう。

そして、日中は怒ったり哀しんだりするような出来事があったとしても、1日の終わりは楽しく終えよう。

 

そんなメッセージが込められているように思える・・・という話をしました。(それが明るい日(明日)のむかえ方)

 

 

 

口では「同じような毎日」と言いながら

日々の出来事は実にさまざまで

 

楽しいこともあれば

怒鳴り声をあげたくなることも

あると思うんです  人間だから。

 

 

でも 先日の「三尺のはし」の話のように

 

状況は同じでも、そこを極楽にするか地獄にするかは

人の考え、行いによります。

 

 

物事は「見方」「聴き方」「考え方」で大きく違ってきます。

 

楽しいことは より楽しく。

難儀なことでも、「楽しい」にする力を磨く。

 

 

「昔は大変だったけど、今思えば楽しい思い出」なんてこともあるように、時間が手助けしてくれるものもあるけど

 

普段の出来事を

コロっと良い方に、楽しい方に変換できる力を磨きたいものです。

 

 

ちなみに、喜怒哀楽の中で

増幅しても良いのは「楽しむ」ことくらいではないでしょうか

 

喜び過ぎても 周囲とズレます

怒り過ぎたら トラブルが起きます

哀しみ過ぎれば 周囲に迷惑がかかります

 

でも、楽しいことは みんなと共有できる気がします。

 

 

だから「楽力」が向上すると

毎日の景色も違ってくるはずです。

 

 

まず、ちゃんと立って

そして、爽やかに挨拶して

さらに、人の話を聴いて

車を運転するときは、人に道をゆずり

楽力(がくりょく)を向上させて、日々を楽しく過ごす。

 

 

基本、心と体の健康と

気配り、思いやりの向上が魅力をアップさせることにつながると思います。

 

 

そして魅力向上の最後の要が、やっぱり「筋肉」

 

誰でも正しく磨けば、今より魅力的になります。

(人間はそういう仕組みになっている)

 

 

・・・詳しくは、また明日。

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月17日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

筋肉学的 魅力向上法

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日まで、思いつくままに魅力をアップするには・・・について話してきました

 

 

その1:「ちゃんと立つこと」

その2:「爽やかに挨拶」

その3:「人の話を聴く」

 

そして昨日は、その4:「人に道をゆずる」

 

 

なんで 車を運転するとき道をゆずると魅力が増すのかというと

その方が、心にゆとりがあるからです。

 

 

 

車の運転にはその人の性格(内面)が出るといいます。

 

目的地までノンストップの最短時間で到着するなんてことはまずなくて

 

赤信号にあたったり

ノロノロ運転の車が前を走っていたり

無理な追い越しをかけられたり

渋滞だったとか

何かしら引っかかること、イラっとしてしまうようなことに出くわします。

 

 

それでも、あわてることなく

心おだやかに、他の車に道をゆずれるような気持ちでいられる人って

 

やっぱり魅力的だと思うんです。

 

 

それも、パシングするだけじゃなく

笑顔で「どうぞ」なんて手で合図したら 

 

かなり爽やかです。

 

 

某ショッピングモールの駐車場を、ライン無視で縦横無尽に走り回っているような人たちは、おそらく自分のことしか考えていないでしょう。

 

車の陰から歩行者が出てくるかもしれない

(特に小さな子供は危険)

 

他の車もどっから走ってくるのかもわからない

 

そんなことも考えず、ただ最短距離で走りたい・・・自分さえよければ的な心が出ていると思います。

 

ほかにも店舗の入り口に車を停めたりするドライバーも

魅力があるとは思いません。

 

 

車は密室(リラックスできる)

直接顔を見られているわけじゃない(覆面状態)

 

そこにきて、アクセルを踏むだけで、誰でも早く走れる道具ですから

そりゃ地も出ます。

 

 

あらためて魅力向上の1〜4を見直すと

立つこと以外は、「気配り、目配り、思いやり」が魅力なんじゃないかな・・・そう思いました。

 

 

筋肉学的 魅力向上法の5番は

 

何事も楽しいに変える力「楽力を向上する」です。

(もちろん いつものとおり造語なんですが)

 

 

これについては、また明日・・・

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

 

| 心 こころね 音 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月16日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

筋肉学的 魅力向上法

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日の話しの続きで・・・

 

 

なんで人の話を聴くだけで魅力が増すのかと言うと

 

人の話を聴くより

自分のことを聴いてほしい人の方が断然多いから。

 

 

だから人はついつい「話し過多」になりがち。

 

 

大勢で、周囲の空気関係なしに大声で話していたりするのは、「自分が話したい」という気持ちが強いからだと思います。

 

 

人の話を聞いているようで

実は、次に何を話そうか考えてる・・・という人も多いかと。

 

 

 

「会話上手は聞き上手」って言うじゃないですか

 

 

講演するなど

言葉で伝えたり表現するのが上手い人は話し上手。

 

でも会話は、話すだけの一方的ものではなく

話したり、聞いたり、感心したり、共感したり。

 

 

人は ついつい話そうとしがちですが

「人の話を聴こう」と意識することで

その分、会話上手になれるはず。

 

会話上手ってかなりの魅力だと思います。

 

 

 

ちなみに「聞く」は、物音を聞くなど、人の声や話し、音などを「きく」こと。

 

「聴く」は、心を落ちつけ耳にいれること。内容を理解しようとして聞くこと。(清聴・傾聴・盗聴など)

 

 

 

 

さて、筋肉学的 魅力向上法

 

その1 : 「ちゃんと立つこと」

その2 : 「爽やかに挨拶」

その3 : 「人の話を聴く」

 

・・・に続く その4は

 

車を運転するとき

「道を譲る」です。

 

なぜ 道を譲ると魅力がアップするのか?

それについては、また明日・・・

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

 

| 心 こころね 音 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月15日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ



熊吉

筋肉学的 魅力向上法

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

自分の魅力を増すには

 

その1 : まず「ちゃんと立つこと」

その2 : そして「爽やかに挨拶」

 

 

「爽やかに挨拶するにはどうしたらいいですか?」という質問をいただきました。

 

良い質問です。

 

答えは「どうやったら爽やかになるかを考える」

そして、爽やかだと思たことをやってみることです。

 

 

自分が「あの人 爽やかだなぁ」という人のマネをしたり研究するのも良いでしょう。

 

 

そうやって普段から爽やかなことを目に入れ、考え、実践していると、自然に爽やかになっていきます。

 

 

ちなみに

「最近の若い者は挨拶もしない」という人がいますが

 

相手が若いから先に挨拶するべきだ・・・なんて考えずに、先に挨拶しちゃう。

そうすりゃ 大抵の人は挨拶を返してくれるものです。

 

その方が爽やかです。

 

 

 

 

爽やか挨拶の次に

筋肉学会がおススメする魅力向上法は

 

「人の話を聴く」です。

 

 

なぜ 人の話を聴くだけで魅力がアップするのか?

それについては、また明日・・・

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

 

| 心 こころね 音 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月14日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

 熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日は、自分の魅力を増したかったら

まず「ちゃんと立つこと」って話をしました。

 

 

「人は見かけじゃない」という人もいますが

そんな馬鹿な話はありません。

 

 

人は見かけに出ます。

 

感情は表情に表れ

体調は顔色に表れ

センスは服装に表れ

性格や考えは言動や行動に表れます。

 

「第一印象と違った」というのならわかりますが、内面は必ず外に出ます。

(ただし、読みとる力(人を見る力)は人それぞれ)

 

 

だらしなく立っている人を見て人は

「だらしなそう」

「体力がなさそう」

「体調が悪そう」

「悩み事がありそう」・・・そんなふうに受け止めます。

 

 

実際 そうなってしまいがちなので、見た目もそうですが、心と体の健康のためにも「まず ちゃんと立つ」を実践してください。

 

 

ちゃんと立つだけで

その人の魅力はずいぶんアップします。

 

 

 

次に、筋肉学会がおススメする魅力増進法は

 

「爽やかに挨拶」

 

ただ挨拶するんじゃなくて

爽やかに挨拶する。

 

詳しくは、また明日・・・

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月13日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

最近 筋肉大國では、結婚や出産がとても多く

「おめでたい」ことが続いています。

 

(出産にも安産スクワットが効果大!)

 

そのせいでしょうか

先日 会員(男性)から「どうやったらモテますか」という質問を受けました。

 

 

質問をしたということは

私がその「答えを知っている」と思っている・・・

 

 

その通りです

ボディビルダーですから知ってます。

 

 

「モテる」というのは「魅力がある」ということ。

 

その人の魅力が増せば その分 モテるようになります。

 

これは、負荷が増せば その分 筋肉は発達するのと同じように道理です。

 

 

では具体的に

どうやったら魅力を増しモテるようになるのか?

 

 

 

それには いくつか方法があるんですが

 

 

まず第一に「ちゃんと立つこと」

 

 

写真を見れば説明も不要でしょうが

詳しくは 明日に続く・・・

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月12日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

 

広告について考えていました・・・

 

 

 

無理なく!

無駄なく!

簡単に肉体改造ができます!

 

 

あなたは無理のない運動を行い

正しい食事をするだけ。

 

 

もう 通販の健康器具にムダなお金を払うことも

余分な食べ物を無理に食べなくてもいいんです。

 

 

運動は簡単

筋肉に正しく適度に負荷を与えるだけ。

 

食事も必要な物を食べるだけ。

内臓に余計な負担はかけません。

 

あとは規則正しい生活を送ればOK!

 

 

体力、筋力、新陳代謝の向上はもちろん

正しい姿勢、体形も体調も整います。

(やった分だけ 必ず効果が表れます)

 

 

 

今 申し込むと

 

な・なんと「痩せる石鹸」プレゼント!

 

100%リバウンドなし!

天然成分使用だから安心!
お肌もキレイに!

 

使えば使うほど痩せていきます・・・石鹸が。
 

 

・・・人間はイメージで物事を考えます。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月11日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

 

 昨日の話しにつながる法話のご紹介。

 

 

『三尺箸の譬え』

 

 

地獄と極楽へ見学に行った男の話しです。

 

最初に地獄へ行ってみると、そこはちょうど昼食の時間でした。

食卓の両側には、罪人たちが、ずらりと並んでいます。

「地獄のことだから、きっと粗末な食事に違いない」 と思ってテーブルの上を見てみると、なんとも豪華な料理が山盛りに並んでいます。

それなのに、罪人たちは皆ガリガリにやせこけている。

 

「おかしいぞ」と思ってよく見ると、彼らの手には1メートルもある非常に長い箸が握られていました。


罪人たちは、その長い箸を必死に動かして、ご馳走を自分の口へ入れようとしますが  とても入りません。

 

イライラして怒りだすだけでなく、隣の者が箸でつまんだ 料理を奪おうとして醜い争いが始まります。



次に、男は極楽へ向かいました。

 

夕食の時間らしく、極楽に往生した人たちが食卓に仲良く座っていました。

 

もちろん料理は山海の珍味です。

「極楽の人は、さすがに皆ふくよかで肌もつややかだな」 と思いながら、ふと箸に目をやると、それは地獄と同じ1メートル以上もある長い箸。

 

「いったい?」と疑問に思いながら、 夕食が始まるのをじっと見ていると・・・

 

極楽の住人は、長い箸でつまんだご馳走を、お互い「どうぞ」と言いながら、ほかの人に食べさせはじめたのです。

 

「なるほど、極楽へ行っている人は心掛けが違う」と言って感心したという話です。

 

 

 

これは、元の職場の組合長さんが

よく話してくれた法話です。

 

 

同じ料理・同じ道具・同じ環境なのに

 

自分のことばかりで、争い傷つけあっている人たちもいれば

 

思いやりと感謝に包まれ、互いに食事を楽しんでいる人たちもいる。

 

 

物や環境、道具が同じでも

そこが 極楽になるか 地獄になるかは

そこにいる人の心、行いによります。

 

 

人は誰でも幸せを望みます。

そして それは人と人との間に育つもの。

 

先人はそれを伝えたくて

人を「人の間(人間)」と表現したのだと思います。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/551PAGES | >>