CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
森の熊吉
 

昨日で、『筋肉米』の田植え作業が終了した(足腰に心地よい疲労が・・・)。

 

筋肉米田植え直接ボディビルとは関係ないように思える農業だが、栄養がないことには体は作れない。

 

農業は食料を作る仕事(花卉(かき)農家さんもいますが)、つまり体を作る仕事。

ボディ(体)ビル(作り)という思考からすれば、筋肉職人は農業にも携わるのが当然だと思う。

 

・・・とはいっても、現在は農業を続けていくことがとても厳しい時代だ。

 

我が家は水稲(お米)と、山深い旧朝日村ということもあり山菜、それに地元特産「月山ワイン」用のブドウを生産しているが、農業機械はドンドン高価になっているのに、生産物の価格は下がっている。

 筋肉米田植え

 
全国的な平均価格を例にすると、今の米価は昭和50年ごろの値段・・・40年も昔の給料で働くサラリーマンはいないだろう。

 

すべての農家がそうだとはいわないが、日本の多くの農家が営農が困難な時期にきている。

 
 現に
、私が生まれた1964年当時の農家(農業就業者)数は1200万人だったのに対し、今では260万人にまで激減・・・しかも、従事者の平均年齢は65歳を超えている(実質はもっと高齢なはずだ)。

筋肉米田植え 

世界中探しても 作業のほとんどが肉体労働でありながら従業員の平均年齢が65歳なんて会社はないだろう。

 

それでも農業を続けているのは、忍耐を超えたものがないと無理だと思う。

 
 どこか、お金とかじゃなくて、実物として食料を作りながら生き抜いてきた 農耕民族の遺伝子がそうさせている気がするのだ。


 人間の営みというのは、経済だけでは計れないものだ。

 

| 熊吉日記 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
大きな余震だった(あれが余震か・・・)
 

昨日(7日)午後11時半ごろ、テレビを消して床に着こうとしたその時、テレビに「山形県庄内地方に強い揺れ」が表示された・・・「まじで!」


 そう思った直後に大きな揺れ、そして停電。

枕元にそびえ立っている背の高い本棚が妙な前後運動をし始めたので それを押さえながら揺れがおさまるのを待っていた。

 

暗闇深夜、しかも停電ということで 視覚情報がない分 揺れを大きく感じたのかもしれないが、体感震度は3月11日の東日本大地震となんら変わらない(しかも長い)。

 

何か情報を得ようと携帯ラジオのスイッチを入れたが、家が山際に建っていることから電波がよく入らない(聞き取りにくい)。

 

携帯も圏外の表示が続いていた。

 

震源地もハッキリしない(聞き取れない)し、余震があるのかもわからない。

ここは山間の村なので津波の心配はないが、これがもし海岸端に住んでいる人だったら・・・

 

すでに先の震災で防波堤は壊れている、小さな津波でも大きな災害になる可能性が高い・・・しかも暗闇。


 被災地の人たちの不安はとても大きかっただろう
(恐怖から包まれているような感覚だったんじゃないかな)。

 

停電は午前8時ごろに復旧。すぐさまテレビで状況確認。

 

宮城県沖で震度6強の余震が発生(宮城だったのか・・・庄内沖かと思ったぞ)。

 

東北6県で400万戸停電(どうりで8時間以上も停電だったわけだ)。

 

山形県庄内地方は震度4(絶対そんなもんじゃない)。

 

東日本大地震で被災された人たちが、情報が入ってこない不安を訴えていたが、わずか8時間程度でもその不安がどういったものなのかに接した。

 

みなさんも充分気をつけてほしい。

(ただし買占めはしないように)

 

これから本格的に起こるであろう農作物の被害も含めて、この大地震の影響はまだまだ続くだろう・・・それは日本人の生活形態まで変えそうな予感がしている。

 

※「心音(こころね)」は昼にお話しします。

| 熊吉日記 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
寒いでしょうが 頑張ってください。
 東北地方太平洋沖地震・東日本大地震

震災の朝
(震災の日の朝)

3月11日から どれほどの数の余震・地震が発生しただろう。

(昨夜の10時半と今朝の4時もかなり揺れた)


 朝起きて外を見たら真冬のような勢いで雪が降っている。
 (3月も後半だ・・・お天道様に暦を見せたくなる)。

 
 
 被災地では食糧もそうだが、布団も毛布もストーブも不足しているという・・・どうなっているのだろうか。

今日の筋肉大國 

(今朝のGYM)


 避難生活をしている人たちも、現地で救助活動に当たっている自衛隊や消防隊、海外からの救助隊の人たちも、温かい日が続いていただけにこの寒はきついはずだ

 

そこで、電力が少しでも被災地に回ればと思い(そういう仕組みではないのかもしれないが)、GYMでも節電のために極力ヒーターを使用しないことにした(しばし我慢我慢)。

 

無いんだなこれが
 それにしても

東北全体がそうらしいが、ガソリンスタンドではガソリン入荷の見込みがないそうで、どの店舗も売り切れの札をぶら下げている。
 できれば普段使うことの少ない車は給油を控えてほしいところだ。

一方、スーパーの食料品は、惣菜があるくらいで パンやおにぎり、弁当、缶詰、牛乳、卵などはほとんどない状態だ。

 そもそも在庫が少ないせいで商品が無いのかもしれないが、もし大量買いをしている人がいるなら、非常時だけにお互い様の気持ちをもってほしいものだ。

 

| 熊吉日記 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
東日本大地震・・・自然の力は恐ろしい
 

11日2時46分

 

  ちょうどそのとき 私は櫛引の松根集落で健康教室をしていた。

  教室の終了予定時刻が午後3時だったので、もう教室も終了するというあたりだった。

 

参加者の一人が「あっ 地震だ・・・」

その後 大きな揺れが

 

間もなくして停電

 

とにかく長い

 

後で時計を見て確認したところ3〜4分弱の揺れだったようだが、感覚的には10分にも感じた。

 

 その後テレビを見ると、この地域の震度は5。

それでもあの揺れの大きさだ。

7強を記録した地域の人たちの恐怖はとても想像できない。

 

教室を終え、GYMに戻ってからもひっきりなしに余震は続いた

 

地震発生から時間が経つほど 地震のつめ跡の深さ大きさがわかってくる。

 

テレビには信じがたい恐ろしい映像が繰り返し流される

 

通常どおりトレーニングする会員に早く切り上げるように促し、夜10時に全員が帰宅。

 

このまま強い余震がないことを祈りつつ就寝したが、自然は人間の都合などきいてはくれないようだ。

 

夜中には長野県北部で震度6強、続いて東北・新潟中越・関東と東日本各地で大きな地震が発生している。

今しがたも福島県沖で震度5の地震が発生したようだ(余震でなく地震だ)

 

昨日からの今日に掛けてマグニチュード6以上の地震は すでに20を超えているという。

 

毎年、鐡人之國に参戦してくれている青森の筋肉屋は津波被害のあった八戸市にある。

そのほかにも岩手、福島の選手・・・つながりにくいと知っていても電話を入れてみるがつながらない。


 どうか無事でいてほしい。

 

彼らだけでない、これ以上被害が拡大しないように祈っている。

| 熊吉日記 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
東北地方太平洋沖地震・・・1
 

熊吉 とても大きく長い地震でした

 

災害に遭われたみなさんに・・・何と言っていいのか。

 

テレビに映し出される地震と津波による災害を見ていると胸が苦しくなってくる。

 

特に岩手や宮城・福島・茨城といった太平洋側の被害は甚大だ。

 

 

今もまだ余震は続いています

 

お願いですから身を守ってください。

 身の安全を第一に行動してください。

 

福島の原発は放射能漏れを起こしているそうです。

 

指示に従ってください。

身を守るために指示に従ってください。

| 熊吉日記 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊吉の「筆の詩」の発売開始
 

ついに熊吉の「筆の詩(うた)」発売開始になりました。

2008年9〜12月に描いた初期のものです。

 

熊吉以下表記のままに・・・

DFとソースSVGをダウンロード販売しています。

無料サンプルをお試しください。

スライドショーで全作品もご覧いただけます。

 

http://mywritings.daynight.jp/%E7%86%8A%E5%90%89%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/%E7%AD%86%E3%81%AE%E8%A9%A9volume1/

 朝の挨拶「心 こころね 音」が、これから少しずつ電子書籍になっていく・・・

摩訶不思議な時代になったものだと思う。
 これからも少しずつ描いていこう・・・元気になってくれる人や、喜んでくれる人、笑ってくれる人、幸せを感じてくれる人が一人でもいたら描き続けていこう。
 

| 熊吉日記 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
熊吉も張り切ってます
 

先月から年末に熊吉文字の注文をいくつか頂戴した。

今日はその一部をご紹介。

 

彦八置物のふりをしている狸は、鶴岡市は湯田川温泉「つかさや」さんの「彦八君」(若旦那の庄司さんと一緒に名前を考えた)。
彦八

彦八は、いつも旅館の入口でお客さんを出迎えている。


 本人は笑顔で出迎えているつもりなのだが、少し表情がかたいのは緊張のためだろう。

 

熊吉ネーム
 そのほか、美容院「ピース」さんのネームも先日無事納品させていただいた。


 スタッフのみなさんから気に入ってもらえたら嬉しい(もちろんお客さんにも)。


 ネーム作成では、亮太のアイディアに驚かされた・・・やっぱり自分の感覚だけで作るよりも、人の意見に触れることで新しい発見が生まれる。

 いい仕事だった。

 

熊吉文字イラストもう一つはプライスカードのカット。

 
 商品を拝見して切り絵のイメージで描きたくなった(それ風に見えるだろうか)。

 

年明け10日まで、30枚ほど商品名を描かなくては・・・

 

今年も年末年始・・・相変わらず無休確定!(笑)


  マカでも飲んで乗り切ろう〜っと。

| 熊吉日記 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
初めて美容院の中に入った!
 

ピース今日は筋肉大國のストイック菅亮太(すげ りょうた)の美両院「Peace」におじゃました。

 

美容院といえば、母ちゃんの影響だろう、「パーマネント」のイメージが強い。

私・・・実は母の迎え以外で美容院という所に入るのは生まれて初めての体験!

 
      
未開の地 美容院・・・「みなさん〜こんにちは」戦場カメラマンの気分だった。

 

さすが亮太の店だけあって、店の外も中もとてもキレイ(内装は白い天井に壁と床、それに梁などの木の部分は深い茶色とオシャレだ)で、対応も素早く、細かいところまで気配りがされていた。

 

スタッフのみなさんまた、チームワークを大切にしながら、その上、一人一人の個性も大切にしながらお客さんと接していた。

 

そうそう、今日おじゃましたのは私の髪を整えるためではなく、亮太から依頼されたスタッフのネーム作りのため。

 

スタッフさん個々にお話しをうかがった後、亮太が「せっかくだからシャンプーを体感してほしい」と言ってくれた。

思いがけなく 今日は初美容院&シャンプーだ!

 

ここから ヒューって感じだ私の娘と同い年のスタッフの方から頭を洗ってもらった・・・これが実の娘なら介護になってしまうところだ(ありがたい)。

 

少し薄暗い空間で立ち上る湯気を眺めていると、シャンプーの気持ち良さと相俟って雲の中を落ちていくような気分になった・・・気持ちが良かった

 

 

ごちそうさまでした。

 

スタッフのみなさん、仕事中にご協力ありがとうございました。

ネームは現在作成中。

もうしばらくお待ち願いたい。

 

とても気持ちの良かった Pease は鶴岡市の旧7号線ゲオの すぐわき!
| 熊吉日記 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
切り絵にはまるかも・・・
 

現在、某食品会社から依頼をいただいたプライスカードの作成に取り掛かっている。

 

普段スーパーなどで目にしているはずなのだが、いざ作ろうと思うと どういったものだったかあまり記憶にない。

 

そこで、方々のカードを調べ大よそのレイアウトはわかったのだが・・・熊吉的におもしろくない。

 

また熊吉もや依頼もされていないのに熊吉テーストを盛り込みたくなった。

 

田舎の風味、のどかなで暖かい雰囲気(表向きは)を表現する方法はないものか・・・そこで思いついたのが「切り絵」。

 

シンプルな表現力に物語を感じる。

 

身の周りに切り絵に使える紙がなかったので、切り絵風の絵を描いてみた。

 

はまりそうな予感がする。

| 熊吉日記 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日は庄内の食を楽しむ会に
 

つかさや2ヵ月くらいに1回の間隔で開催される「庄内の食を楽しむ会」。

毎回様々な趣向をこらして開催されるのだが、今回は開湯1400年といわれる庄内の奥座敷 湯田川温泉は「つかさや」さんで開かれた。

 

「つかさや」の若旦那とは春にロゴの依頼をいただいた際に何度かお話し熊吉したが、私が筋肉の話しをするような感じで「湯田川温泉」を熱く語る人だ。

 

また奥さんの若女将は埼玉県出身のとても可愛らしい方だ(でかした若旦那)。

 

さて、今回はお膳ということで参加者数は50人。いつもより人数的には少ないのだが、そこはそれ一人一人が個性豊かな人ばかりなので大いに盛り上がった。

 

?・・・食を楽しむ会なら食べ物の写真は?・・・とういう人がいたら とても鋭い。

 

広報だった感覚が抜けているのだろうか、目の前の御馳走に直ぐにハシを着けてしまった(面目ない)。

つかさや 

そこで、こちらがお献立・・・あとは想像力を膨らませてほしい。

 

お酒は大山の渡会本店の渡会さんから、日本酒の説明をいただきながら美味しくいただきました。


 「ひやおろし」も美味かったが、乾杯の時に飲んだ日本酒の発泡「出羽ノ雪 出泡酒」・・・たまりませんでしたなぁ。

 

また料理も献立を見てもわかるように、食材の宝庫庄内の『今』がそろいに揃った。

 

食の表現は難しい・・・味に腰がある 味がとてもしっかりしている といった感じだ。

 

本当に美味い・・・

 

 私は健康教室で「月に旨いと書いて脂です」と言うことがあるが、昨日の料理は栄養がしっかりしている分 大量に食べなくても満足できるだろう。

 

 これは以前ブログで、「現代の食事はカロリー過多の栄養不足・・・だから大量に食べないと気がすまないのだ」と話したとおり、「食事の目的は満腹にあらず、栄養の摂取なり」ということを実感した。

力のある食材を食すると栄養が満たされるので過食することはないはずだ。
 

「庄内バンザイ」

 

この会に参加するたびに、庄内全体が健康大國・・・つまり筋肉大國の中心地になりえる・・・ならなくてはいけない地域だと実感するのだ。

 

いい所に生まれたものだ。

 

みなさん また次回もよろしくお願いします。

 

 そうそう、会の最後の方で若旦那のお母さん・・・つまり女将さんと私の誕生日が一緒だったことに驚いた(10月11日です)

 

「つかさや」さんのHPはこちら

http://www.tsukasaya.gr.jp/

 

若旦那、「名湯と最高の料理、そして筋肉のコラボ」やってみましょうか!

 

 

| 熊吉日記 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>