CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
6月22日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

かなり言葉の話を続けてきたので

 

今日は久しぶりにトレーニングのお話をします。

 

 

「なかなか体が変わらないんです」

「種目を替えたり、セット数を変えても変わりません」

「もっと効く種目ないでしょうか」

「もっとセット増やした方がいいでしょうか」

 

そんな質問がありました。

 

 

トレーニングを変えるというと

「種目などを変える」と思う人が多いようですが

 

 

一時は刺激が変わったことで「効いた!」と感じることができても、体が変わるかというと・・・さほど変わらないでしょう。

 

 

今のトレーニングで効果が出ていないということは

今のトレーニングでは、発達できないということ。

 

今より発達するためには、トレーニングを変えなくてはいけないわけで(栄養などもそうですが)

 

でも、それは種目を変えることではありません。

 

ではなにを変えるか?

「やり方」を変えるんです。

 

 

 

トップビルダーのトレーニングメニューを見ると

様々な種目をやっていることがわかります。

 

 

だから いろいろな種目をやらないと・・・と思いがちですが

 

 

少し見方を変えて

 

ほとんどのトップビルダーが

共通してメニューに組んでいる種目があります。

 

そうです基本種目です。

 

胸だったら ベンチプレスやダンベルベンチプレス

脚だったら スクワットなど。

 

 

「俺はベテランだから、もうベンチプレスやスクワットは卒業したよ」なんて話は聞いたことがありません。

 

 

基本種目は、肉体改造の柱になる種目だから

トップでもメニューから外すことは滅多にないんです。

 

 

でも その基本種目は、初心者のときからやっている。

 

なにが違うか・・・種目は同じでも「やり方」が違うんです。

 

 

100満点中、10点のスクワットもあれば90点のスクワットもあります。

 

 

今の基本種目のレベルを上げることが、全体の発達につながる。

 

 

いつも言うことですが

 

迷うほど「基本」をやり込むことです。

 

 

他者から「俺には これが効く」を紹介されても

他者は他者、自分は自分。

迷いを繰り返し、迷いが深くなるだけ・・・ご注意を。

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月19日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

今日も「言葉」について

 

 

言葉の力というと

トレーニングでも「筋肉が発達しない」「カラダが変わらない」とよく口にする人のカラダは とても変わりにくい。

 

 

本人は

変わらないから「変わらない」と言っている・・・そう思っていますが

 

 

私には、その人が口にしている言葉の通りに

つまり「発達しない」「変わらない」ように、本人が行動しているように見えます。

 

 

 

仕事でも「この会社は変わらない」と思っていれば、改善点が見えてこないようなもので、「カラダが変わらない」と言っていると、変わる方法が見えてきません。

 

 

他の人が目の前で、とても参考になるトレーニングをしていても、それが大ヒントだということに気付きません。

 

 

直接指導しても

本人が自分にかけている「変わらない」という呪文はとかないままなので、理解しきれない。

 

 

 

 

これにも、言葉の力の大きさを感じます。

 

 

本人は変わりたくてトレーニングをやっているんです。

何年も がんばっているんです。

使用重量だって かなりのものです。

 

 

間違いなく 気持ちは 変わりたくている・・・これは間違いありません。

 

でも 口から出る言葉が「変わらない」。

 

 

 

「卵が先かニワトリが先か」の話しのようですが

 

「変わりたい」という気持ちの力より、「変わらない」という言葉の力の方が、その人をコントロールしているように思います。

 

 

 

おそらく、自分と他者を比べているから。

または、大きな成長を望んでいるので、小さな成長を感じられないのかもしれません。

 

 

成長する人は、大きな目標を掲げながらも

小さな成長に気付ける人。

自分の可能性を信じれる人だと思います。

 

 

人間は、目の前にあるものすべてが見えているわけではありません。

そこに在るものが、ありのままに見えているわけではありません。

 

 

「あると」思っていれば見えてきて

「ないと」思っていれば見えないのが人間。

 

 

そこにも言葉の力が大きく関わっている気がします。

 

自分が望んでいること(発達したい)を否定するようなこと(発達しない)は言わないことです。

 

なぐさめにもなりません。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月13日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

今日も「言葉」について・・・

 

 

【男女の違い】

 

男性が1日に発する単語数は平均7千語で

女性は・・・なんと3倍近くの1日平均2万語(すごい)。

 

女性は1日に6千語以下しか話せないと、脳がストレスを感じやすくなるそうです。

 

(ちなみに、1日に頭の中に浮かんでくる言葉の数は6〜8万語)

 

 

そのほか

今時はスマホでの言葉情報のやりとりも盛んなので、現代人は1日にどれだけの「言葉」と接しているのか見当もつきません。

 

 

そんな時代だからこそ

 

心の健康を保つためにも

接する言葉は できるだけ「プラス言葉」にしたい!

 

 

ちなみに「プラス言葉」とは・・・

 

「ありがとう」

 

「楽しい」

 

「おかげさま」

 

「幸せ」

 

「おもしろい」

 

「ついてる」

 

「いいね」

 

「大丈夫」

 

「OK」

 

「最高」

 

「できる」などなど

 

言った方も、聞いた方も元気になったり気持ちが良くなる言葉。

 

 

その反対に「マイナス言葉」というと・・・

 

「疲れた」「つらい」「ムカつく」「ムリ」

「苦しい」「不安」「不幸」「ダメ」「だるい」

「ついてない」「最悪」

 

言った方も、聞いた方も元気を失い気分が悪くなる言葉。

 

 

よく「プラス言葉」で過ごしていると 良いことがあるって言うけれど、あれは本当です。

 

使う言葉は心の向きを表しているから当然なんですが

 

「疲れた」「苦しい」「ムカつく」とか言いながら運が良くなったり、「ありがとう」なんて言われることなないもんです。

 

 

「でも」「だって」「どうせ」なんて言わずに

「プラス言葉」を習慣にしてみましょう!

 

「ムリに」とは言いません、「ぜひに」と言わせていただきます。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月12日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

一昨日の実験の話を聞いて

「人間が言葉の影響をそんなに受けるの?」という疑問を持った人も多いと思います。

 

わかります(なんか怖いし)。

 

 

でも・・・

 

みなさんも物事を考えるとき言葉を使っているはずです。

また、昔のことを思い出すときも、言葉を使っているはずです。

 

 

実は、人間は言葉を使わないと考えることも

過去を思い出すこともできません。

 

 

「まさか?」と思う方は

 

言葉を一切 使わず、今朝のことや数分前のことを思い出してみようとすればわかります・・・まぁ思い出せないです。

 

 

人間は言葉で思考するので

言葉を使わないと思考が働かないんです。

 

 

 

また、スポーツなどでも

応援されると頑張れたり

人からホメられると嬉しかったりと

 

内からの言葉でも

外からの言葉でも

 

人は言葉の影響を強く受けるようになっています。

 

 

そこで

野球の松井秀喜氏の座右の銘

インドのヒンズー教の経典ともいわれている

 

意識が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。

 

私もこの大好きな言葉に

ぜひ「言葉」を加えたい

しかも能動的に・・・

 

 

 

 

言葉を変えれば 意識が変わる

 

意識が変われば 行動が変わる

 

行動が変われば 習慣が変わる

 

習慣が変われば 人格が変わる

 

人格が変われば 運命が変わる

 

運命が変われば 人生が変わる。

 

 

・・・いかがでしょう。

 

 

出だしが「が変われば」では受動的なので

筋肉学的には「言葉を変えれば」スタートです。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月11日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
 

第1回 THE男会 開催決定!

 

日時 7月1日(日)午後3時

 

場所 POWER GATE

 

会費 500円

 

飲み物 つまみ類は各自 持ち寄り

 

午後8時まで片付け終了し、明日のトレーニングに備え解散。

 

 

膝を突き合わせて

筋肉の明日について語る。

 

参加申し込みは、6月28日(木)まで。

 

 

 明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月10日 おばんです。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

ボディビルを長く続けていると

自分を成長させるために「大切なもの」というのが

少しずつわかってきます。

 

その中でも最大級に大切なのが「言葉」

 

この力は相当なもので

自分の能力を伸ばすも潰すも これ次第。

 

極端な言い方をすれば

幸せになるかどうかも「言葉次第」だと思います。

 

言葉は自分の操縦桿(かん)

 

言葉に関する おもしろい実験がアメリカで行われていたそうです。

 

12人を各3人の4チームに分けて、いくつかの単語群を並べて短い文章を作ってもらう実験で、2つのチームには、若者をイメージさせる「ワクワク」「若葉」「未来」「健康」「仲間」というキーワードを入れて文章を作ってもらいました。

 

そして、もう片方のチームには、単語群に高齢者をイメージさせる「白髪」「杖」「しわ」「体が動かない」というキーワードを入れて文章を作ってもらいました。

 

そして、その文章が完成した後、別の場所に移動してもらったところ、おもしろい現象が起きたそうです。

 

 

なんだと思います?

 

 

答えは

 

高齢者をイメージさせる単語を使った2つのチームは、若者をイメージさせた2つのチームより、はるかに歩く速度が遅かった(移動に時間がかかった)。

 

 

おもしろいでしょ。

 

機能的には俊敏に動ける若者であっても

触れた言葉のイメージの行動をとってしまう。

 

「人は使った言葉にふさわしい行動をとる」んです。

 

 

・・・明日に続く。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月9日 おばんです。

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
 

衝動的に行動する多いのですが

 

 

今月、6月中

日曜の午後から、筋肉大國の男性だけの座談会を開催します。

 

名称は 「THE 男会(おとこかい)」と書いて「ざ・だんかい」

 

 

内容は、トレーニングのことでも

鶴岡市の今後の筋肉事情についてでも

自分の夢でもOK

 

 

もちろんアルコール飲みます。

 

 

近日中に日時を決定するので

6月の日曜午後は ひとまず予定を入れないでください。

 

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

 

 

 

| 筋肉な毎日 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月8日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

 


熊吉

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

昨日の話しの補足

 

ホンダの創業者 本田宗一郎氏ですら

成功はわずか1%、99%は失敗(失敗の連続)

しかし、その失敗が成功の土台作りをしている・・・と話しています。

 

それで結果はどうかといったら

誰でも知ってる「世界のホンダ」

 

もう大大大成功!

 

 

たくさんの失敗したってことは

たくさん挑戦した

たくさん改善した

たくさん工夫したってこと。

 

 

それをしないと成果なんて出ない。

 

 

全体的なボリュームでは

失敗しているときがほとんどです。(なにしろ99%)

対戦成績だったら かなりやばい。

 

それでも、ぶれない、めげない、あきらめない。

そういった中で人は、錬られ、磨かれ、研ぎ澄まされていくのだと思います。

 

 

それなのに

成功の部分だけ「ちょうだい」しようとするから

 

耳障りの良い話し(商品など)に魅かれたり

まよう、ぶれる、めげる、あきらめる・・・なんてことになりやすい。

 

 

トレーニングも

失敗を成功に、失敗を成功にの繰り返し。

努力の上にしか成果は積み上がらないんです。

 

コツコツコツコツ

 

 

・・・明日に続く。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月7日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

昨日の話しの続きで・・・

 

 

書店に行くと

「成功方法」などの本が たくさん並べられています。

(よく売れてるみたい)

 

そりゃ「成功したい」という人が多いから当然でしょう。

 

それに、「私はこれで失敗した」(パイポのCMが懐かしい)なんて書籍がスラリと並んでいたら・・・さすがに元気がなくなってしまうので、「成功」本が並んでいるのは自然なことなんですが

 

 

しかし、成功の方法を聞いたから 成功できるかっていうと・・・事は そう簡単ではありません。(簡単だったらバンバン成功者出てます)

 

 

意外に「俺はこうして成功した」という話より、「しくじり先生」のように、「俺はこんなことして失敗しちまった」という話の方が、学べること、胸に刺さることが多いように思うんです。

 

 

「世界のホンダ」の創業者 本田宗一郎氏は

 

「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない。

99%は失敗の連続であった。

そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である。

私の現在が成功というのなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることになる。

私の仕事は失敗の連続であった」と言っています。

 

 

本田氏ですら、失敗が成功の土台・・・しかも99%です。

 

その土台を学ぶことって大事だと思うんです。

(1%学んで成功しようとしたってねェ)

 

 

 

言葉では「成功」と「失敗」は別々ですが

その中身を考えれば

100%の失敗も100%の成功もありません。

 

 

失敗を学べば、その分リスクレベルは下がります。

それによって成功の割合を高めることができる。

 

 

成功する方法

それは失敗から学ぶこと

 

経験も失敗の割合を低くし

成功の割合を高くしてくれるもの

 

 

これもまた

トレーニングに限らず仕事も同じように思います。

 

 

・・・続く。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月6日 おばんです。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

トレーニングをしているからには、誰でも成果をあげたい。

 

だからなのでしょう

 

「胸筋に効くのは どの種目?」

 
「どんなやり方だと発達する?」

 

「やっぱりビック3は効くの?」など

 

人は 他の人から「(発達の)答え」を欲しがります(聞きたがります)。

 

わかるんです・・・その気持ち(ホントよくわかるんです)

 

 

でも これって難しいところで・・・

 

 

脂肪を落とそうとして、他の人と同じ食事をとったとしても、同じように落ちるかといえば そうではないわけで

 

 

トップビルダーのトレーニング法が、全員同じかといえば そうではないわけで

 

 

同じ教室で、同じ先生、同じ教科書で勉強したのに、成績は同じじゃなかったわけで

 

 

やはり人それぞれ やり方って違っているんです。

 

 

「それじゃ 何を聞いても参考にならないの?」かというと そうでもなくて

 

 

失敗したことと・・・

 

「重量(重さ)に走ってしまった」とか

 

「フォームがいい加減で ケガをした」とか

 

「サプリメントに依存して食事がおろそかだった」とか

 

「ムリな食事制限をした」とか

 

意外に それほど違いはない・・・そんな気がします。

 

 

プロ野球の野村元監督の名言に

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というのがあったように(もとは松浦静山の言葉)

 

 

成功に不思議の成功はあっても

失敗に不思議の失敗はないもの。

 

失敗に学ぶという意識・・・これは意外に大事なんです。

 

 

・・・続く。

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

 

| 筋肉な毎日 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/242PAGES | >>