CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
6月25日 おはようございます。

治体導法

 

「100%筋肉」POWER GATE (腑に落ちた人は参考にしてください) 

 

 

昨日は

脳は数字(数値)などで勘違いしたり、騙されやすいって話しをしました。

 

たとえば

「50圓茲蝪僑悪圓諒が負荷は大きいはず」

「15セットより30セットの方がハードなはず」とか

 

大会も

「参加選手が10人の大会より、30人の大会の方がレベルが高いはず」とか

 

 

仕事でも

「8時間仕事している人より、16時間仕事をしている人の方が忙しいはず」とか

 

 

脳は「数が小さいより大きい方が・・・はず」って「質」を考えないところがあります。

 

 

それに比べ筋肉は「数」なんてわからない

純粋に、自らに掛かった「負荷」だけに反応します。

 

 

だから

反動をつけて無理にバーベルを持ち上げても 筋肉は発達しないんです。

 

 

 

今日もそんな負荷の話で・・・

 

 

筋肉が発達しない原因は、栄養や休養によるものもあるでしょうが、「負荷が上がっていない」のが最大の原因です。

 

 

そして、その中でも一番怖いのが

「負荷が上がっていない」どころか、知らない内に「負荷を下げている」ことです。

 

 

トレーニングをしている本人にその気はありません。

 

反動を使っている様子もない。

 

それでも、負荷を下げてしまっていることが・・・とても多いんです。

 

 

 

その原因は

何度も何度もトレーニングする内に、重さにも動作にも体が慣れてきて、少しずつ要領が良くなってしまうから。

 

 

これは普通のスポーツだったら良いことなんです

「体に覚えさせる」ために反復練習してるんですから。

 

 

でも、ボディビルは負荷を吸収しなくてはいけないので、要領が良くなっちゃ困るんです。

 

 

不器用に負荷を載せ続けないといけないんです。

 

 

 

ためしに 

 

とんでもなく意識を集中させて

極々 軽い重量で、自分のフォームを丁寧にチェックしてみてください。

 

 

きっと、ターゲットの筋肉の緊張が抜けるポイント。

負荷が抜けているポイントやクセが見つかるはずです。

 

 

トレーニングに対する体の慣れが

知らず知らずの内に「負荷を下げてしまっている」。

 

その事実に気付き改善すれば、筋肉はさらに発達します。

 

 

 

慣れが成長の妨げになってしまう・・・

これはトレーニングに限らないと思います。

 

 

・・・続く。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

 

 

| 筋肉な毎日 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月20日 おはようございます。

筋肉大國

 

「100%筋肉」POWER GATE 『鷹に学ぶ』

 

 

昨日は、鷹の寿命は35歳と70歳の2段階があって

 

35歳ごろ、自の爪やくちばしや羽が寿命にきたことを感じ取り、それを捨てる覚悟をした鷹は生き残り。

 

今までの爪や羽やくちばしのままで、生きていこうとした鷹は死に絶えてしまう・・・という話をしました。

 

 

私はボディビルにも このような時期があると感じています。

 

 

20代は ただガムシャラに重量に挑戦し、ケガしながらもガンガントレーニングして無理やり成長。

 

30代になると、少し野暮さがとれ、技術的なものが磨かれていた感じがします。

 

40代になると、20代のような馬力はなくなるものの、それまでの経験から、自らのカラダの声が聴こえるようになります。

 

 

30代にあっては、20代のころの経験を活かし

40代にあっては、20・30代の経験を活かしてと

 

 

これまでは経験の積み上げで成長・発達できたんですが

 

 

50代になると、それは通じない・・・そう痛感しています。

 

 

意識はあっても

骨や関節などは若いころとは違っています。

 

体力、回復力、食欲なども低下します。

 

 

その中で筋肉を刺激するには

 

昨日の鷹のように

今まで自分が信じてきた常識を

その先の進化・深化を信じて捨てる必要がある・・・

 

人生もトレーニングも50代は転換期。

 

そう思います。

 

 

・・・続く。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

 

 

| 筋肉な毎日 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月19日 おはようございます。

筋肉大國

 

「100%筋肉」POWER GATE 『鷹に学ぶ』

 

 

鷹の寿命には2段階あるそうです。

 

最初の寿命は35歳。

 

35歳ごろになると

鷹のくちばしと爪が衰え

羽にも限界がきます。

 

 

これは鷹にとって致命的なこと。

 

 

この最初の寿命のときに

半分の鷹は死んでしまいます。

 

 

それを乗り越えた鷹は70歳まで生きます。

 

 

では、どうやって乗り越えるのか・・・

 

 

生き残る鷹は35歳のときに、今まで自分が棲んでいたよりもはるかに高い、木々もないような山に登ります。

 

 

木が生えていないところなら、動物がいないので自らが捕食される心配がいりません。

 

 

そこで行うのは

まず、自分の爪を石にぶつけながら全部折ります。

 

 

次に

くちばしで羽を全部抜きます。

 

 

最後は、くちばしを石にぶつけて折ります。

 

 

肉体的な痛みに加え、それまで自の武器だった爪、羽、くちばしを自で捨てることの精神的な痛み・・・想像もつきません。

 

 

しばらくすると

新しい爪、羽、くちばしが生えてくる・・・再生するんです。

 

 

新しい爪、羽、くちばしが生えてきた鷹は、再び下界におりて70歳まで生きるのです。

 

 

35歳ごろ、自の爪やくちばしや羽が寿命にきたことを感じ取り、それを捨てる覚悟をした鷹は生き残り。

 

今まで自信を持っていた爪や羽やくちばしのままで、生きていこうとした鷹は死に絶えてしまいます。

 

 

これは鷹だけの話ではないように思います。

 

トレーニングでも人生でも。

 

再生を信じる・・・続く。

 

 

 

ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月18日 おはようございます。

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

 

 

GYMや教室に限らず

いろいろなところで、トレーニングについての質問をいただくことが多くなっています。

 

 

特に多いのが

「どのくらいやったら 変わりますか?」という質問。

 

 

いい加減なことは言いたくないので

「変わるまでやれば わかります」と答えます。

 

 

 

そのほかにも

「どんなトレーニングをするんですか?」という質問も多く

 

やはり、いい加減なことは言えないので

「やってみると わかります」と答えます。

 

 

ほかにも

「トレーニングは きついんですか?」という質問もいただきます。

 

やはり、正確に伝えたいので

「やってみれば わかります」と答えます。

 

 

ほかにも様々の質問をいただくんですが

ほとんど「やると わかります」が答えになってしまいます。

 

 

ひょっとすると

現代人は日常に情報が溢れすぎていて

「やってみないと わからない」ってことを忘れているのかもしれません。

 

 

百の情報より

一つの体験です。

 

 

ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
『 健康元気塾 第2弾 』開催します。

筋肉大國

 

 

5月に「みどりまち文庫」さんを会場に開催させていただいた「健康元気塾」の第2

 

「カラダすっきり ココロすっきり」を開催します!

 

 

開催日 : 6月24日(土)

時 間 : 午前10〜12時

場 所 : パワーゲート

 

 

 

今回は、日本人の骨格に合った歩き方とJOSANE(じょさね)体操。

それに、「ほっこり豚汁」を食べながら、「疲れをとる食事」についての座学です。

 

 

 

自分の骨格に合った歩き方は、体形も整い、ダイエット効果も高いんです。

 

運動の後は、美味しい豚汁を楽しみながら

「なんで疲れやすいんだろう」

「なんで疲れがとれないんだろう」

そんな質問にお答えします。

 

 

 

動いて食べて

楽しく健康になりましょう!

 

 

 

お申し込みは下記まで

お気軽にご連絡ください。

 

 

パワーゲート  鶴岡市切添町3-26

筍娃横械機檻械魁檻牽僑横后淵汽鵐汽鵝Ε魯蹇璽縫)

営業時間10:00〜22:00(日曜定休)

 

申込の〆切は、6月21日(水)午後5時

| 筋肉な毎日 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月15日 おはようございます。


熊吉

「100%筋肉」POWER GATE(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

姿勢の話のまとめです。

 

 

人は下を向いていると


深呼吸ができません


笑顔にもなれません


お腹の働きも悪くなります

 

疲れやすく
気分は落ち込みやすくなります。
 



顔を正面に向けると


呼吸は深くなり


笑顔にもなれ


お腹の調子も良くなり


疲れにくくなります
気分だって明るくなります。


 


顔が下を向いたら 心も下を向くし
心が下を向けば 顔も下を向きます。

 


顔が正面を向くと 心も正面を向くし
心が正面を向けば 顔も正面を向きます。



顔が上を向くと 心も上を向くし
心が上を向けば 顔も上を向きます。


 
心と顔の向きは一緒。
 
今日も正面向いていきましょう。
 


真っ直ぐ向くと書いて
直向(ひたむ)きです。

 

 

 

※ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月14日 おはようございます。

筋肉大國

「100%筋肉」POWER GATE(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

今日は「姿勢が変わると思考も変わる」

 

 

私にはトレーニングに限らず、師匠というか先生がいません。

 

今日話す内容も、ずいぶん前にトレーニングの最中に気付いたことで、科学的な根拠があるわけではありませんが・・・まずは体験してください。

 

 

最初に

背中を丸め猫背の状態で椅子に座り

下を向き 目は閉じたまま 呼吸してください。

 

 

そして

最近あった「悔しかったこと」「頭にきたこと」「悲しかったこと」など、マイナスのイメージを思い浮かべてください。

 

 

イメージが思い浮かんだら

 

 

今度は、胸を張り、姿勢を正し、顔は正面を向いている状態(目は閉じたまま)で、深呼吸をします。

 

それから、さっき頭に浮かんだマイナスのイメージを、再び思い浮かべてみてください。

 

 

(どんなイメージになりましたか?)

 

 

 

最後は

顔がやや上の方を向くようにアゴをあげ(目は閉じたまま)

 

また、同じことを思い浮かべてください。

 

 

(どんなイメージになりましたか?)

 

 

 

どうだったでしょう。

 

 

同じことを頭に思い浮かべているはずなのに

 

下を向く、正面を向く、上を向く

それぞれの姿勢で、イメージの受け止め方が違っていたと思います。

 

 

 

一般的には

下を向くと、妬み僻み、恨み不満などといったマイナスイメージが膨らみやすく(増幅する感じ)

 

 

正面を向いている状態のときは、対処・対応・対策といった

そのことと どう向き合うかって感覚になります。

 

 

そして上を向いたときは

心も上向きになりやすいんです。

 

 

 

「姿勢が変わると思考も変わる」

 

姿勢は心の構えなのでしょう。

 

 

※ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

 

 

ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月13日 おはようございます。

筋肉大國

 

「100%筋肉」POWER GATE(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日の話の続きで・・・

 

人類にとって直立二足歩行は当たり前のことですが

 

地球の重力の影響を受けながら

その状態を維持するには、かなりの筋力が必要なんです。

 

 

犬や猫の背中をなでると

 

「なんでこんなに薄い筋肉なんだろう」

そう思ってしまいますが

 

四足歩行の場合は、あの背筋で十分なのでしょう。

 

 

 

 

人間の筋肉は重力に抗う能力

 

 

その筋力が弱れば

体形や姿勢が崩れたり、体が重く感じたりします。

 

 

 

筋力を失うと  人は自由を失います。

(重力が重りや鎖のようになる)

 

 

 

筋トレというと

「今さら・・・」という人も多いようですが

 

 

大丈夫。
何歳になっても筋肉は磨けば(鍛えれば)発達します。

 

だから

ボディビルに年齢制限はありません。

 

※ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月12日 おはようございます。

筋肉大國

 

「100%筋肉」POWER GATE(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日の話の続きで・・・

 

 

霊長類を含め、ほ乳類はすべて鼻呼吸

(犬のハッハッは体温調整のため)

 

口呼吸もできるのは人間だけ・・・という話を聞いて

 

 

「まさか!?」という方

 

動物のように四つん這いになって呼吸をしてみてください(床に手と膝を着き、顔は正面を向く、背中は自然なアーチ)

 

自然に鼻呼吸しているはずです。
 

 

それと朗報(?)

 

四つん這いをしているときは、お腹は出てきません。

(自然に腹筋を使うんです)

 

 

なぜ、四つん這いになると、正しい呼吸(本来は鼻呼吸なので)になるのか・・・それは、人間の元々の姿勢だからでしょう。

 

 

生命の歴史は40億年。

 

哺乳類でも2億年2500万年。

その中で人類が直立二足歩行になったのは300万年前だとか。

 

 

どちらも気が遠くなるような年月ですが

 

生命の歴史、哺乳類の歴史からすると

人類の直立二足歩行は、ごくごく最近のこと。

 

まだ日が浅いんです。

 

 

だから、四つん這いになると、呼吸も整うのでしょう。

 

ちなみに

軽度の腰痛も四つん這いでいると改善するそうです。

 

 

 

元来、人間は鼻呼吸が基本で、口呼吸は鼻呼吸では補えないほど空気がほしいときに行うものでした。

 

 

それが今では、パソコンやスマホの使用や

体を支える筋力の低下などから 姿勢が悪くなり

メインの呼吸が口呼吸になっている人がほとんどです。

 

 

昔よりマスクをする人の数が増えているのは

花粉やPM2.5などの影響もあるでしょうが

 

猫背も大きな原因の一でしょう。

 

 

 

ちなみに 「口呼吸になってる?」のチェックは

 

1)気が付くと口が開いていることが多い

 

2)朝起きたときノドがカラカラになっている

 

3)アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まりやすい

 

4)唇が乾きやすい

 

5)イビキをかきやすい

 

6)口を閉じると苦しく感じる

 

7)風邪をひきやすい

 

8)口臭が気になる

 

心当たりのある人は、姿勢に気を付けましょう。

 

 

 

※ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月11日 おはようございます。

筋肉大國

「100%筋肉」POWER GATE(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

今日はようやく 

哺乳類の中で「口呼吸するのは人間だけ」・・・というお話し。

 

 

「さすが! 人間は二足歩行できるだけでなく、呼吸も他の動物とは違うのか!」と思った人もいるかもしれませんが

 

 

実は、これ良くないんです。

 

 

・・・口呼吸が危険な理由の前に、鼻の役割について少々お話しします。

 

 

私たち人間の鼻は、加湿機能付き空気清浄機の役割を果たしていて

 

鼻の鼻腔繊毛や鼻腔内粘膜などの働きで、空気中のホコリ、細菌にウイルスなどの侵入を防いで、吸い込んだ空気を適度な温度や湿度に調整してくれています。

 

 

しかし、口呼吸ではこうはいきません。

 

口は鼻のような優れた呼吸機能はなく、外気を何の調整もせずそのまま取り込み、ノドを通過させ肺に運んでしまうので、そりゃ無防備。

 

 

そのため

口呼吸は、免疫が低下するだけでなく

いびき、口臭や歯周病、虫歯、睡眠時無呼吸症候群、歯並びが悪くなる原因になるそうです。

 

 

それなのに

 

悪いことばかりなのに

なぜ、人間は口呼吸をするのか?

 

 

それは・・・姿勢が悪くなっているから。

 

 

試してもらうとわかるんですが

 

胸を張り、正しい姿勢のときは、口から吸い込むより 鼻から吸い込んだ方が深く呼吸ができます。

 

逆に姿勢が崩れ猫背の状態だと

鼻から吸い込むより 口から吸い込んだ方が深く呼吸ができるんです。

 

 

 

ちなみに

口呼吸は鼻呼吸に比べて、体への酸素供給量が18%も減少するそうなので、当然疲れやすくもなります。

 

おまけに

呼吸が浅くなる上に、タメ息はしやすくなるので、本人も周りも疲れやすくなるので良いことがありません。

 

 

姿勢を整え、呼吸を整えましょう。

 

※ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。

http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

 

 

ぜひみなさんも「筋トレ立ち(通称モデル立ち)」試してみてください。
http://powergategym.jugem.jp/?day=20151207

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/233PAGES | >>