CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
令和元年10月17日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

鐵学 

熊吉 

昨日は「引き寄せ」ではなく「寄り合い」

遠心分離機の法則のお話をしました。

 

だから一昨日の「誰と歩くか」は、結局のところ自分がどう歩くかにかかっているのだと思います。

 

 

ちなみに人間は感情(感じる)動物なので

 

人との距離もセンチやメートルといった距離ではなく、心で距離を感じます。

 

 

時間についても

同じ1時間でも、大好きな人と過ごす1時間は あまりに短く、苦手な人と過ごす1時間は あまりに長い。

これまた心で時間を感じます。

 

 

私の爺ちゃんも婆ちゃんも何十年も前にあの世にいっているので、ずいぶん昔に ずいぶん遠いところにいったんですが、今でも身近な存在です。

 

 

ほかにも

大勢の中にいても孤独をおぼえるときもあれば

一人でいても 人の想を感じて温かさを感じるときもあります。

 

 

幸福も

「幸福になる」とか「幸福をつかむ」と言いますが

それは あくまで傍から見た感想。

 

その幸福と思われるものを つかんだままなら いつまでも幸福でいられるか?・・・といったら それはそうではないはず。

 

幸福は感じるものであってつかめるものではありません。

(優越感とは違うから)

 

 

ちなみに

 

大泣きは1人でできても大喜びは1人じゃできません。

大喜びできるってことは 一緒に喜んでくれる人がいるってこと。

 

幸せは人と人との間に生まれます。

だから「人間」という言葉は幸せの有りどころを指している言葉。

 

幸福は感受性の豊かさによって得られます

 

つくづく人は感じる生き物

人生(娑婆)とはその感度を磨く時間なのかもしれません。

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

 

| 心 こころね 音 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月16日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

鐵学

熊吉

 

昨日は どの道 選んでも

肝心なのは 歩き方(考え方や行い)と誰と歩くか・・・という話をしました。

 

私たちの毎日は選択と行動の連続でできています。

 

今日は昨日の道の先

明日は今日の道の先

 

自分の選択(行動)の先にしか人は存在できません

だから自分以外の誰かの人生を歩むことはできません。

 

ちなみに

時間は止まらないので、行動しないというのも ひとつの行動です。

 

 

そんな選択 → 行動 → 選択 → 行動 を繰り返していくと、あることに気付く・・・今日はそんな話をします。

 

 

ある人が

富士山の山頂にTシャツ・サンダル履きの人はいないと言っていました。

 

もっともです。

 

買い物に行ったついでに富士山に登ってみたら 気付くと山頂にいた・・・なんて人はいません。

 

富士山の山頂にいる人たちは、富士山に登ろうとした人

そして山頂に登れるだけの体力も道具も準備ができていた人

そういう人しかいません。

 

 

ちなみに 当たり前のことですが

 

ジムにはトレーニングする人たちが来ます。

スーパーには食料品を求める人が来ます。

温泉には温泉を楽しみたい人たちが来ます。

映画館には映画を観たい人たちが来ます。

 

 

食料品を買いにジムに来る人はいません

温泉入りに映画館に行く人もいません。

 

行動にはそれぞれ目的があって

結局 人はそうやって寄り合っていくのだと思います。

 

気付いてみると、自分の周りに似たような価値観や感覚の人が増えている・・・なんてことありませんか?(ジャンルが違っていても)

 

それは「引き寄せ」ているというより

寄り合っているからだと思います。

 

 

私はこれを「遠心分離機の法則」と言っていて

 

遠心分離機とは遠心力を利用して比重差のあるものを分離する機械。回していると同じ比重の物が寄っていきます。

 

まるで 回転は日々の出来事、回転している時間は時の流れ

それによって比重の近い者(似た者)が集まってくる

 

昔からいう「類は友を呼ぶ」「同類相求む」は、このことを指しているように思います。

 

 

真に自分が好きなことをやっていれば

次第に心地良い仲間

競い合える仲間と出会ったり

時を過ごすことができる。

 

 

歳を重ねるほど、世の中が楽しく感じるのは そういうカラクリがあるからだと思ってます。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月15日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

鐵学 

熊吉

 

あの道

この道

 

どの道も

 

そんなに変わらないと思うんです。

 

山道をサンダルばきで歩いたら難儀なように

雨なのに傘もささずに歩いたらずぶ濡れになってしまうように

 

覚悟のないこと

勘定のないことをすれば

(このときの勘定は準備の意味)

大変な思いをするのは道理。

 

 

それと

「旅は道連れ」というように

誰と歩くか、どんな人たちと歩くかで

道中は随分違ってきます。

 

 

同じ時代に同じ国、同じ地域に生まれていても

不満気に過ごしている人もいれば

楽し気過ごしている人もいる・・・

 

それは歩き方が違うんじゃないかと思うんです。

 

「どう歩く」というのは「どう生きる」ってこと

その歩き方で 一緒に旅する人たちが違ってくる。

 

とても大切なことだと思います。

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月14日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

鐵学 

熊吉 

人間は同じことをやっていると

あきて嫌になってしまいます。

 

きっと それは

人間が成長したがる生き物だからでしょう。

 

(そうでなかったら直立二足歩行になれなかった)

 

 

同じことをやっていても そこに成長はない

成長したい だから 同じことをしているのは辛い

 

それが人間だと思います。

 

 

でも、実際のところ「同じ」なんてことがあるのでしょうか?

 

 

同じような毎日はあっても 同じ日は決してありません

同じ仕事をしていても、日々のお客さんは違っていたり

同じ人であっても 丸一日一定ではありません

 

自分だって5年前と同じ・・・なんて人もいないわけで。

 

そう考えると、「同じ」というのも「当たり前」と同様に 思い込みのように思えます。

 

 

どういうことかというと

 

「同じこと」だから「あきる」のではなく

「同じこと」だと思ってしまうから「あきる」。

 

これはトレーニングでも仕事でも同じです。

 

 

同じことをやっていると思えば そこに工夫は生まれません。

違いに気付く 変化に気付く

すると発見が生まれ 工夫が生まれ

それが成長につながります。

 

カラダも変わっていないと思い込んでいれば

同じように発見も工夫も生まれません。

(野暮なことをやり始めたりします)

 

成長しないのは同じことをやっていると思っているから

 

あきるのは成長していないからです。

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月13日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

鐵学 

熊吉

世の中が悪い

社会が悪い

会社が悪い

あの人が悪い

 

これが悪い あれが悪い・・・

 

いろいろ不満を持つのも人間です

私だってそうです。

 

 

でも自分以外の「せい(所為)」にするのは実に簡単

 

それに

誰かの、なにかの「せい」にするのが癖のようになると

良いことが減ります。

 

 

不満は不満として

その中で 

この時世に

自分には いったい何が出来るのか

 

それを問い そして行動するのが 生きることの実践 なのだと思います。

 

 

この度 一度きりのこの人生を

人のせいになんか もったいなくてしてられない。

 

十分 楽しませていただきます。

 

 

 

そうそう

「誰かのせいじゃなかったら 自分のせいですか?」と言う人もいるけど、誰のせいでもないことだって たくさんあります。

 

自分も含めて誰かのせいにしないといけないんじゃ

心が疲れて 人生が楽しめません。

 

 

ちなみに

責任ある立場なのに 責任がないようなことを言うのは論外です。

(滑稽な髪型の建物が出来たり、不思議な事業が展開されているようでは市民は安心できない)

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で

楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月12日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

 

鐵学

熊吉

昨日は たくさん「誕生日おめでとうコメント」をいただきありがとうございました。

 

この時代に ここに生まれ

みなさんと出会えたことに心から感謝しています。

 

この一年も

 

肌に艶 

心に潤い 

筋肉に張り・・・を心掛けながら

 

世のため人のため

なにより自分のために日々を過ごしていきたいと願っています。

 

 

50代後半の目標は

筋肉大國と鐵人之國のますますの発展

それと「エッ まじで50代」と言われるような肉体を 関節に負担をかけずに作り上げることです。

 

若返りたいというのではなく

当初の目標に戻って 単にカッコよくなりたい。

 

みなさんご期待ください

お楽しみに!

 

 

ちなみに

新日本プロレスのジャージも買いました(しかも2枚)

気分はかなりワクワクです。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月11日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

鐵学 

 熊吉

昨日のジムオリジナルペンダントトップもそうですが

鐵人之國もボディビルの普及もジムの運営も

 

なに一つ 一人でできることなんてありません。

 

「何かができている」ということは

誰かのお世話になっているということ。

 

まして私は 自分がやりたいことを やらせてもらってます。

 

そこに いろんな人 たくさんの人の智慧や力や時間を注いでもらっている・・・ただただ ありがたい。

 

 

だから ひさしぶりに会った人でも

初対面の人でも「お陰様」。

 

 

 

ちなみに、何もしていないという人の場合

何もしないでいられるということは

かなり誰かのお世話になっています。

 

結局のところ人間は

必ず誰かのお世話になって生きてるんです。

 

 

清々しい心持ちで今日を迎えられたことに感謝。

また楽しい一年を過ごせることを願ってます。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月9日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

鐵学 

 

昨日は

男性なら「胸が厚くなれば運気が上がる」

女性なら「お尻が上がれば運気も上がる」

 

だから 正しく筋トレをやっていると

楽しいこと嬉しいこと、それに ありがたいこと(感謝)が増える・・・という話をしました。

 

 

健康増進のため、体力向上、若返り、引き締め、ムキムキマッチョなどなど、ボディビルをやっている目的は人それぞれでも

 

きっとみんな 大なり小なり「見た目が変わったら 人生が変わった」を経験してます。

 

 

脂肪燃焼に成功した人。(2〜3圓凌佑ら最大78圓泙如

 

背が低くくて「小さい」と言われていた人が、筋肉をつけたことで周囲の印象が「大きい人」に変わってしまった人。

 

高齢になっても登山を続けたくて筋トレを始めたのに、今ではドンドン元気になって、毎年登山回数を更新しいる人。

 

健康だけでなく

見た目だけじゃなく

気持ちや考え方も変わった人が多いはず。

 

 

そもそも筋肉は生きるための機能なので、「見た目だけ変わる」なんてことはありません。

 

肉体が変われば命のPOWERが違ってきます

そりゃ人生も変わってきて当然。

 

(逆パターンに変わらないようご注意ください)

 

「またまた そんなこと言っちゃって・・・」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、男性ならスーツを着ると心もカラダもシャキッとしたりしません?

女性もおしゃれをすると気分が変わるでしょ。

 

服装が変わるだけで そうなんだから

自分自身が変わったら もっと変わって当たり前。

 

 

見た目が変われば 人生が変わります。

 

まずは姿勢から!

(正しい姿勢は最強の筋トレ)

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月6日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

 

鐵学 

熊吉 

 

黒い紙を見ていて思ったんですが

 

黒い紙に文字を書こうとしたら

黒いペンで書いたら 何を書いたのかわからなくなるので

白などの明るい色のペンで書くはず。

 

 

それと同じで

難儀なとき(黒い紙)ならなおのこと

自分も周囲も明るくなる言葉、心が優しくなる言葉(明るい色)を口にしたいものです。

 

 

部屋が暗くても(良くない状況)

照明を付ければ (明るい言葉)

不安(闇)は消えるように

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年10月5日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

鐵学 

 

言葉づかいは心づかい

 

だから

人が安心する言葉

元気になる言葉

勇気が湧いてくる言葉

 

そんな言葉を話すように心掛ける

それは心づくり。

 

 

時々 テレビなどで「失言」について話題になるけれど

人間「思ってもいなかったことが口から出た」なんてことはありません。

 

言葉は「ことば」心の端(は)の意味

 

心にもないことは言葉になりません。

 

だから「失言」も本音なんです。(言ったら都合が悪くなった本音とでも言いましょうか)

 

言葉を養うことは 心を養うこと

 

言葉を調えれば 心も調います

 

 

また、人は言葉で物事を考えるので

言葉を養うことは 思考を養うことにもつながります。

 

 

まずは 言葉です。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/254PAGES | >>