CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 大会に出る準備をしなくては | main | 鈴木良幸を忘れないでほしい >>
06ノービスクラス&マスターズ参戦
 06夏、私と良幸、それに今や映像のプロカメラマン化した息子の研吾がJPCの総本山大阪へ飛んだ(庄内空港から)。
 大会前日の私の状態は、今までにない上出来の絞り(脂肪が落ちてる状態)具合だった上に、体重も80舛蛤任盻鼎ぢ僚邸覆弔泙蟠敍がでかい状態)で仕上げることができた。明日の本番に向けてそれまで制限していた炭水化物を食いまくり、筋肉を張らせる作業(カーボアップ)をしながら、刺激を与え続けてくれたGYMのみんなに感謝ていた。
 一方、良幸は絞りを優先したために本来の大きさが多少犠牲になっていたが、そのスケールはノービスクラスで十分上位を狙える状態だった(2人とも準備は万端)。
 大会当日、会場入りした私と良幸はそれぞれの選手控室に入る(もう控室を間違うよなことはしない)。ドアを開け、中を覗くと黒光りする40歳オーバーの面々がぞろり・・・顔だけおじさん体は筋肉の塊という何ともギャップが強いこと(ボディビルを知らない人が見たら言葉を失うんじゃないだろうか)。トレーニング歴20年以上の列強の兵(つわもの)がそこに集結していた(上下が違い過ぎて、CG加工の実写版が歩いているみたいだ)
 歳をとってもボディビルで鍛えた肉体は衰えない・・・これを実感したと同時に、この鍛えこまれた肉体の人たちと闘うのだ・・・と気を引き締める。
 本番が近付くと、各選手は筋肉に張りを持たせるために軽い運動を始める(パンプアップ)。そんな中、00優勝の日高選手と99・03優勝の米田選手の体は素晴らしく、特に上体の広がりや大腿部の発達が目を惹いた。それでも、あれだけトレーニングしたんだ、今の自分ができる全部がここにある(自分のことですが)。後はなるようにしかならない・・・と割り切ることができたので、ステージでは緊張することもなく自信を持って一つ一つのポーズをとることができた。
 大会結果は、日高選手との激戦を経て私は優勝(本当に嬉しかった)。
 良幸はノービスクラス初挑戦で見事5位。それも上位に肉薄した素晴らしい闘いだった(その証拠に彼は翌年同大会で並み居る強敵を抑え優勝している)
 その日の打上げは最高に楽しかった。40代でも体はまだまだ成長する。そして来年は良幸が・・・そう実感できた大会だった。
 良幸と私と研吾、それと青森県の宮古さん(ノービスクラス4位)と一緒にホテルの部屋でビデオを観ながら反省会。一本のビールが最高に美味かった。
2006伊藤大会時の写真が少ないんです

頑張っている自分が好きです 自分が頑張れる
| 筋肉への目覚め | 18:35 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:35 | - | - |
コメント
ボディビルですか。

凄い肉体美ですね。
| 台湾人 | 2009/11/09 6:40 PM |
45歳になってもまだ完成していません。
まだまだ鍛錬を継続しなくてはいけません。
| 熊吉 | 2009/11/09 11:16 PM |
仕事とトレーニングを上手く両立させるのは大変ですよね。

日本人の仕事の時間数は世界で最も多いと聞いています。

もしかすると同じ経済大国である独逸を上回るのかもしれませんね。
| 台湾人 | 2009/11/10 4:32 PM |
独逸・・・久しぶりにこの文字を見ました。
労働時間ですか。
ドイツよりも多いのかは分かりませんが、確かに日本人の労働時間は長いようですね。
 でも、その理由が・・・
金持ちになりたいから?
いい暮らしがしたいから?
不安だから?
仕事が生きがいだから?
組織の体制がそうだから?

正直、長時間の労働をする理由は日本人の私にもわかりません。

ただ、何か忘れ物をしているような気分で働いているんじゃないでしょうか。
| 熊吉 | 2009/11/10 8:16 PM |
フランス、イタリアとギリシャは人生は楽しまなくちゃ!という考えなので、労働時間は短いうえ、土日は決して商売をしないそうです。

最近は金融危機の影響でフランスのパリの一部の商店は土日などの休日にも商売をして営業するようになったそうです。

ギリシャの方はやはりグータラしているようです。一方アバウトと言ってもいいですが。

アメリカとイギリスはやはり勤勉で少なくとも南欧みたいに怠けてはいないようです。

伊藤さんの写真なんですが、凄いボディですね。

イタリアとギリシアの神々の彫刻を彷彿させるような肉体なので本当に唖然となって言葉を失いました。
| 台湾人 | 2009/11/11 12:03 AM |
褒めいただけるのはありがたいのですが、正直 私の肉体などまだまだ欠点が多く 彫刻と比較できるような代物ではありません。

ボディビル界にはもっと芸術的な・・・美術館に展示されていてもおかしくないほどの体躯を持つ方が大勢います。


| 熊吉 | 2009/11/11 11:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック