CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 今日はりんご収穫 | main | 熊吉 今日もりんご収穫 >>
退職
2008年2月9日・・・課長の自宅に伺い遂に退職願を提出した日。
 課長も今後のことをいろいろと心配してくれたが、私が選択した道で成功するようにと激励してくれた。
 これで、退職の手続きが始まる・・・自分のことなのに何か現実味のない感覚に包まれていた。
 翌日からは事務引継ぎのために今までやってきた仕事を整理していく。ここからの一日一日は本当に長かった。それまで気にもとめていなかった事務所のちょっとした風景や、職場の人たちの顔がスローモーションのように見える。無意識に少しでも記憶にとどめておこうとしていたのだろう。
 職場の人たちは私が退職するにあたり送別会を数多く開いてくれた(計10回・・・ありがとうございました)。その度、皆さんの心遣いが嬉しく、また退職の日が近付いていることを実感する。今思い出しても今年の春は・・・今までで最も長く感じた春だった。
 2008年3月31日、退職の挨拶・・・
 「昭和59年、旧田川地方農業共済組合に奉職以来、今日まで勤めることができましたのも、渡会組合長をはじめみなさんのおかげだと感謝しています。また、共済事業を通じて関わりあうことができた多くの人たちにも感謝しています。
今回の退職については数年前から考えてはいましたが、漠然と退職を意識してから退職の意思が固まるまでの間、庄内農業共済組合という支えを失うことへの不安や、自分の選択に自信が持てなくなった時期もあり、何度か心が折れそうになったこともありました。
それでも、自分の夢に対して、持てる力の全てを注ぎたいという気持ちを封印することができず、この度、退職を決意いたしました。
 よく、正しい選択・間違った選択と表現されますが、事の正否は、分岐点ではなくその後の取り組みにあると考えている今、今回の選択に迷いはありません。
 春からは、家業の農業をやりながら、今まで趣味として取り組んできたGYMに本腰を入れていきます。
 自分が作った物を食べ
 自分が作った物を売り
 自分が磨いた技術を生業としていく生活です。
 在職中なにも恩返しは出来ませんでしたが、今後、自分らしい生き方の中で社会貢献することが、みなさんへの恩返になると考えています。
 最後に、今までみなさんからいただいたご懇情に感謝するとともに、人生の先輩でありますみなさんに、今後もご指導ご鞭撻をいただきますようお願いしてお別れの言葉とさせていただきます。
 本当にありがとうございました。お世話になりました」
 これが別れの挨拶・・・大きなものを失った引き換えに、大きな喜びが必ず訪れてくるわけでもない・・・これからは手本もない手探りの人生が始まる。負けることは許されないのだ・・・自分のボディビル人生にこの先どんな冒険が待っているのだろう.
一貫の始まり
| 筋肉への目覚め | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/128
トラックバック