CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2010鐡人之國(JPC東北・北海道ボディビル選手権)報告 | main | 8月6日おはようございます >>
2010鐡人之國(JPC東北・北海道ボディビル選手権)報告
 

昨年に引き続き鐡人之國の副審査委員長を務めていただいた白旗氏のコメントを紹介させていただく。

 

副審査委員長 白旗 穣 氏 講評

 

ゼッケン 〆L鄒都 選手

 

厳しいカットやディフィニッションも さらなるバルクアップを目指さないと活かされてこない。

胸・背中・脚・肩(アクセント)のバルクアップを意識したトレーニングを。

努力を惜しまない姿に今後充分期待できる選手。

 

ゼッケン◆’瀋杜氷圈〜手

 

 背中と胸は年齢のハンデをものともせず、今大会の若手選手の目標になっただろう。

 今回は絞込みが充分でなかった。代謝を考慮し、来年は調整期を多めにとり、ぜひ上位入賞を目指してほしい。

 

ゼッケン 田宮博 選手

 

 仕上げるのが難しいといわれる背中を作っていていた。

 全体のバランスを維持しつつバルクアップを図ってほしい。上位を担う一人になる可能性を持つ選手。今後の活躍に期待。

 

ゼッケンぁゝ楔杜莊 選手

 

 昨年の雪辱を晴らすような仕上がりだった。今後も調整に時間をかけカット・ディフィニッション作りに注力してほしい。

 鐡人之國の常に上位を目指してトレーニングしてほしい。

 

ゼッケンァ仝綟I匕 選手

 

まだまだ大きくなれる選手。

とにかくバルクアップを目指した食事にトレーニングに取り組んでほしい。唯一難点は癖のあるポーズ。今のうちにポージングを再考し、セールスポイントを活かしたポーズを工夫してほしい。地方大会でおさまる人物ではない。

 

ゼッケンΑ〆粥耕變粥〜手

 

 バルクのもう一段のアップと、調整期間に時間を掛け、さらにキレを出してほしい。

 全体のバランスが良い選手だけに、さらに上のレベルを目指してほしい。

 

ゼッケンА[啾整譟〜手

 

 とにかく食べてトレーニング、食べてトレーニング。今はディフィニッションを出すことよりも体を大きくすることに専念してほしい。

 

ゼッケン─’鮑蟾之 選手

 

 バルク不足、もっと大きさを目指してがんばってほしい。

特に脚を鍛え上げて存在感を増すことによって上位を狙ってほしい。

 

ゼッケン 盒狭邁臓〜手

 

下半身に対して上半身が弱い。全体のバランスを考えバルクアップを目指してほしい。プロポーションが良い点を活かし、バルクアップにポージングを意識したトレーニングを積んで栄冠を勝ち取ってほしい。

 

ゼッケン 神尾勇弥 選手

 

 脚のディフィニッションがいい。優勝を意識した場合 さらなるバルクがほしい。大会の牽引者として一段高い目標をもってトレーニングしてほしい。

 

ゼッケン 大澤幸彦 選手

 

 今後下半身を中心としたトレーニングが望まれる。広い肩幅を活かした上半身のトレーニングに取り組み、常に上位入賞できる選手に成長してもらいたい。

 

ゼッケン 大川全弘 選手

 

 マスキュラーで順位を下げたように課題は上半身の厚み不足。

 プルオーバー、Tバーロー、ナローグリップのチンニング、ワンハンドダンベルローイング等等、積極的に取り入れてほしい。ここで終わる人ではないのだから。

 

ゼッケン 佐藤修二 選手

 

 身長高のプロポーションを活かすためにには他者よりバルクが必要。今回は上半身が寂しかった。肩にポイントを置いたトレーニングが必要。メリハリのある体を作り、他者を寄せ付けない仕上がりを期待する。(ポーズ後の会場への礼、好感が持てました)

 

ゼッケン 阿部聡 選手

 

 脚を中心にバルクアップ。まだ自分の能力の高さに目覚めていないようだ。 今より数段上を目指せるポテンシャルを持っているので、自覚してトレーニングするようにしてほしい。

 

ゼッケン 武田光司 選手

 

 カットが良かったが姿勢が悪いせいかポーズに難あり。

 しかし、未完の大器を彷彿(ほうふつ)させるので、体重の増加を目指し、大会の経験を積むことによって数年後上位入賞者となるだろう。

 

ゼッケン亜/群慎剛 選手

 

 恵まれたプロポーションだけに全体的なバルク不足が非常に残念だった。

オフシーズンの食事やトレーニングを工夫して、大型選手として活躍してほしい。

 
 以上白旗氏からの講評でした。来年の参考にしてほしい。

| ボディビル大会 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/1560
トラックバック