CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 12月3日 おはようございます。 | main | 12月 4 おはようございます。 >>
筋肉学的 人間進化論 伊藤説
 

一昨日の話は表現力不足でわかりにくかったかもしれない。

 

「深い眠りを手に入れたから人間は脳の機能を向上させることができた」

 

・・・これだけじゃ・・・

 

私たちは体を発達させるためにトレーニングするけど、実際に発達しているのは体を休めている時。

 

脳もそうだと思う。

犬を飼うことによって 安心して爆睡できるようになった。
 
 爆睡できるってことは深い眠りってものを手に入れたってこと。
 
 深い眠りを手に入れたってことは、その分 脳みそを使い込んでも回復することができるようになった。
原始人間
 使い込むから脳は発達した(脳を酷使しても回復できるようになった)。

 だから、犬を飼い始めた時期と壁画等を描くようになった時期が被るのだと思う(他の動物は絵を描かない。高度な知能があってこそ)。

  睡眠と文明・・・どこかの学者さん掘り下げてくれないかなぁ。

| 筋肉学 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/2545
トラックバック