CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 11月23日 おはようございます。 | main | 11月25日 おはようございます。 >>
11月24日 おはようございます。

治体導法

 

 

 

【治体導法(じたいどうほう)】


一昨日の続きで

 

トレーニングシューズにはいろいろな物がありますが

私は作業靴(足袋靴)を愛用しています。

 

理由は・・・

 

その1:履物の中で足の指が自由に動ける

 

人が物体をつかむときは、手や指を開いてから閉じてつかみます。

それと同じで、地面に立つときも足の指で地面をつかみます。

 

座布団の上などで足踏みすると、足の指が床をつかもうとしているのがわかるはず。

 

足袋靴は履物なんですが、足の指を広げたり閉じたりできる優れものです。

 

(通常のシューズは足をヒモで締め付けるので、足の自由を奪います)

 

最近はやっている(らしい)五本指のシューズは、正直履いたことがないのでわかりませんが、足の指や平を開く閉じるが自由にできる形状には見えません。

(指の間に物が挟まっている状態なので)

 

 

その2:足裏で床面を感じることができる
 

足袋靴は、二つ折にできるほどソールが薄くて柔らかいので足の平でも床面をしっかりとらえること・感じることができます。

 

その3:設計図に合った自然な動作ができる

 

もともと人間の体は素足で動作するように設計されています。

もちろん全身もその設計になっています。

 

靴を履けば、全身はその足元に合わせて動作をしなければいけません。

 

特に一般的なシューズは、つま先よりカカトの方が高いので、全体の動作も、それに合ったものになってしまいます。

 

足袋靴のソールは薄くて平らなので、設計図に合った自然な動作をすることができます。

 

 

その4:お安い!

 

場所によっては600円くらいで買えます。

 

そのほか、脱着がすこぶる簡単。

 

 

以上が、足袋靴の長所です。

 

なぜ、高いところで仕事をする職人さんたちは、足袋や足袋靴を愛用するのか?

 

シューズを履いて、屋根の上で仕事は・・・できないでしょうね。

 

 

腑に落ちたら試してみてください。

 

 

「靴は人間の体に合わせて作っているだろう」という人もいるでしょうが、その話はまた明後日。

 

 

今日も一日感謝の日
きっといい日になります。

 

心身を笑顔で整え
今を丁寧に過ごしましょう。

 

 

| 治体導法 | 08:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:21 | - | - |
コメント
昨日、三代目建さんのお披露目トレーニングでした(笑)
今まで黒でしたが今回は白です(ウインターバージョン)
| クレイジーサン | 2016/11/24 12:37 PM |
白は柄を書き込める利点があります。
しかし三代目とは・・・さすがのトレーニングですね。

次回は、クレージーサンの直ばきの話をする予定です。
| 熊吉 | 2016/11/24 4:43 PM |
残念ながら履きつぶしての三代目じゃなくて
臭くなったら履き替える感じです(笑

三代目には耐重力使用と書いておこうと思いマス。
| クレイジーサン | 2016/11/24 6:04 PM |
笑!

「天才御用達」もいいかもしれません。
| 熊吉 | 2016/11/24 8:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5032
トラックバック