CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 9月21日 おはようございます。 | main | 9月23日 おはようございます。 >>
9月22日 おはようございます。

熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちた人は参考にしてください)

 

 

今日も「考えるな感じろ」の続き。

 

 

 

野球は詳しくないので

もし的が外れていたら ごめんなさい。

 

 

 

もし、あなたが野球を始めたとして

 

一本のバットを手渡された場合と

 

重心の位置が違うとか

長さが若干違うといったバットを計20本渡された場合

 

どちらが自分のスイングを作り出すのに合理的かといったら?

 

 

一本のバットの方だと思うんです。

 

 

バットは その一本しかないわけですから

ひたすら自分のスイングに集中できます。

 

 

そして

道具が同じだからこそ

その時々の体の変化や、心の動き、意識と体とのつながりなどに気付くのも早いでしょう。

 

 

一方、もし個性のある20本のバットを手渡されたら

一言でいうと「迷う」。

 

 

人の体はいつも同じではありません。

「昨日はこのバットで調子がいいと思ったのに、なんか違うな。今日は違うバットにしよう」なんてことが続くでしょう。

 

 

道具が違うから

自分の感覚がつかめない

スタイルが作れない・・・これはトレーニングでも同じ。

 

 

いろいろな種目をやった方が

刺激も違うので発達しやすい・・・というのは、基礎ができている人の話。

 

 

トレーニング開始から せめて1年くらいは

あれこれ様々な種目をやるより

 

 

脚ならスクワット

胸ならベンチプレス

背中ならベントロー

力こぶならバーベルカールといった

『基本種目』を徹底的にやり込むべきだと思います。(それも毎回)

 

 

 

ときどき耳にする

「あの種目は効くけど、この種目は効かない」というのは、20本のバット状態であることが多いんです。

 

 

基礎が出ていれば

効かない種目など0(ゼロ)に等しいはず。

 

 

何事も選択肢の多さは「迷い」を生みます。

 

「何をする」かも大切ですが

「何をしないか」も大切。

 

 

本当に成長したかったら

あれこれ種目やマシンに目移りせずに

「基本種目」をやり込むことです。

 

 

 

今日も

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 治体導法 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5365
トラックバック