CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 5月10日 おはようございます。 | main | 5月12日 おはようございます。 >>
5月11日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

 

 昨日の話しにつながる法話のご紹介。

 

 

『三尺箸の譬え』

 

 

地獄と極楽へ見学に行った男の話しです。

 

最初に地獄へ行ってみると、そこはちょうど昼食の時間でした。

食卓の両側には、罪人たちが、ずらりと並んでいます。

「地獄のことだから、きっと粗末な食事に違いない」 と思ってテーブルの上を見てみると、なんとも豪華な料理が山盛りに並んでいます。

それなのに、罪人たちは皆ガリガリにやせこけている。

 

「おかしいぞ」と思ってよく見ると、彼らの手には1メートルもある非常に長い箸が握られていました。


罪人たちは、その長い箸を必死に動かして、ご馳走を自分の口へ入れようとしますが  とても入りません。

 

イライラして怒りだすだけでなく、隣の者が箸でつまんだ 料理を奪おうとして醜い争いが始まります。



次に、男は極楽へ向かいました。

 

夕食の時間らしく、極楽に往生した人たちが食卓に仲良く座っていました。

 

もちろん料理は山海の珍味です。

「極楽の人は、さすがに皆ふくよかで肌もつややかだな」 と思いながら、ふと箸に目をやると、それは地獄と同じ1メートル以上もある長い箸。

 

「いったい?」と疑問に思いながら、 夕食が始まるのをじっと見ていると・・・

 

極楽の住人は、長い箸でつまんだご馳走を、お互い「どうぞ」と言いながら、ほかの人に食べさせはじめたのです。

 

「なるほど、極楽へ行っている人は心掛けが違う」と言って感心したという話です。

 

 

 

これは、元の職場の組合長さんが

よく話してくれた法話です。

 

 

同じ料理・同じ道具・同じ環境なのに

 

自分のことばかりで、争い傷つけあっている人たちもいれば

 

思いやりと感謝に包まれ、互いに食事を楽しんでいる人たちもいる。

 

 

物や環境、道具が同じでも

そこが 極楽になるか 地獄になるかは

そこにいる人の心、行いによります。

 

 

人は誰でも幸せを望みます。

そして それは人と人との間に育つもの。

 

先人はそれを伝えたくて

人を「人の間(人間)」と表現したのだと思います。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5606
トラックバック