CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 5月9日 おはようございます。 | main | 5月11日 おはようございます。 >>
5月10日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

気候も温かくなり 

本格的に肉体改造の季節になりました。

 

GYMも混み合うことが多くなるので

ここでGYMでの基本的なマナーについてお話しします。

 

いつの間にか周囲に迷惑をかけていた・・・なんてことがないようにしましょう。

 

 

その1:マシンに座ったまま長時間休憩しない。

 

マシンは休憩所ではありません。

それに、セット間のインターバルは、ほとんどの種目が1分以内。

腕等でもは30秒以内で十分。

 

長く休めば、それまでのトレーニングがムダになります。

 

 

その2:マシンや器具を長時間独占しない。

 

本人はガンバっているつもりでも、多くのセットが行えるのは楽しているところがあるから。

 

勉強時間が長いほど成績が上がるわけじゃないのと同じで、中身の濃いトレーニングをすることです。

 

 

その3:マシンや器具は丁寧に使う。

 

マシンや器具を使用するとき、ガチャンガチャン音を立ててトレーニングしている人は、トレーニングを正しく理解できていません。

 

 

賑やかな音は、負荷から逃げている証のようなもの。

器具も傷む上に、本人のためにもならないのでやめましょう。

 

 

その4:マシンや器具についた汗は拭きとる。

 

暑い季節は特に注意が必要です。

 

マシンや器具を使おうとしたとき、前に使用した人の汗が残っていたら誰でも不快な思いをします。使用後は必ずタオルでふき取ることを習慣にしましょう。

 

 

その5:器具やウエイトを元の場所に戻す。

 

器具やウエイトの整理整頓はトレーニングをスムーズに行うために大切なことです。

 

バーにプレートを装着したまま、次の種目に移動してしまった。

そんなウッカリをなくすため、使用後は再度確認するようにしましょう。

 

 

その6:大きな声は出さない。叫ばない。

 

正しいフォームでトレーニングしてたら、大きな声なんて出せません。

 

大きな声が出せるのは、フォームがズレている。重さがコントロールできていない。がんばってるパフォーマンスのいずれか。

効果がない上に周囲にも迷惑なので、大声は出さないことです。

 

 

その7:スマホ利用は注意する。

 

スマホに気を取られ、インターバルが長くなってしまうのは、これまた本人のためにもならないし、周囲にも迷惑な行為。

 

トレーニング中はトレーニングに集中した方が効果が上がります。

トレーニング中くらいスマホから解放された方が良いと思います。

 

 

 

ほかにも、大声で話したり、トレーニング中なのに話しかけたり、長話をしたりするのもマナー違反。

 

また、無理な重量を扱うと周囲にまで危険が及ぶことがあるので要注意。

 

 

 

 

マナーは、自分も周囲も気分よく、また効果的にトレーニングが行える環境をつくり出すための。

 

 

自分のためにも周囲のためにも

心配りと気遣いを大切にしましょう。

 

 

人に指摘されずに自分で気付けるのが大人です。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 08:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:02 | - | - |
コメント
全くその通りだと思います。初心者のトレーニーも最強のトレーニーも皆、トレーニングの所作を知って身体を作って行きたいものです。人の体は頭の中で何かをしようとする時にホルモンがなんらかの準備をするそうです。そこにいて変わろうとするチャンスを自ら潰すことなくトレーニングに集中することが鍵になるかと思います。
| 筋肉の肉ちゃん | 2018/05/10 10:00 PM |
そう思います。
GYMは筋肉を発達させるだけの場所ではありませんから。

| 熊吉 | 2018/05/11 9:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5607
トラックバック