CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 5月18日 おはようございます。 | main | 5月20日 おはようございます。 >>
5月19日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

 

筋肉学的 魅力向上法の〆は やはり筋肉。

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

今では筋肉を鍛えることが

 

体形を整えること

体調を整えること

 

そういった肉体的なことばかりでなく

 

精神的な部分にも作用することが知られるようになってきました。

 

 

便利過ぎて、自分の体を使う機会が激減した日常

 

使わなければ 衰えていく肉体

 

衰えれば 心身は弱くなり様々な不具合が発生するようになります。

 

 

人間には、現代の生活様式が本当は合っていない・・・だから「現代病」になるんです。

 

 

「なんのために筋肉 鍛えてるの?見せるため?」

 

そんなことを言っている時代じゃありません。

 

(人のカラダをとやかく言う前に、自分の体に目と心を向けることです)

 

 

広く言われている

QOF クオリティー オブ ライフ (quality of life

 

生活の質、人生の質を高めるには健康は要の中でも大要。

 

日常生活で肉体的な機能を使わなくなった分

トレーニングなどを行って、機能を維持・向上をさせる必要があるんです。

 

 

 

命って、一生って

生まれてから、自分の体がもつまでの間。

 

体がもたなくなったら、命はそこでお終いです。

 

しかも 体は一生に一つだけ、替えがきかないもの。

 

 

そんな体を鍛え、質を上げることは

日常の生活の質を上げることにつながる・・・なんていうのは当たり前のこと。

 

 

 

自分を支えているのは、自分の足腰。

その足腰を鍛えることができるのは 自分だけ。

 

出ているお腹を引き締めることができも 自分だけ。

 

運動不足で体力不足な自分を改善できるのも 自分だけ。

 

 

誰も代わりに やってくれたりなんかしません。

 

自分を改善することができるのも

変えることができるのも 本人だけ。

 

自分次第なんです。

 

 

カッコよくなる、キレイになるに年齢制限はありません。

そして、「まだ早い」「もう遅い」にも根拠はありません。

 

いつでもトレーニング開始OK

 

 

機能を磨いて魅力的にならないわけないじゃないですか。

 

安心してボディビルを楽しんでください。

 

 

 

今日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5615
トラックバック