CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 6月21日 おはようございます。 | main | 6月23日 おばんです。 >>
6月22日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
「今日も筋肉に学ぶ」

 

 

かなり言葉の話を続けてきたので

 

今日は久しぶりにトレーニングのお話をします。

 

 

「なかなか体が変わらないんです」

「種目を替えたり、セット数を変えても変わりません」

「もっと効く種目ないでしょうか」

「もっとセット増やした方がいいでしょうか」

 

そんな質問がありました。

 

 

トレーニングを変えるというと

「種目などを変える」と思う人が多いようですが

 

 

一時は刺激が変わったことで「効いた!」と感じることができても、体が変わるかというと・・・さほど変わらないでしょう。

 

 

今のトレーニングで効果が出ていないということは

今のトレーニングでは、発達できないということ。

 

今より発達するためには、トレーニングを変えなくてはいけないわけで(栄養などもそうですが)

 

でも、それは種目を変えることではありません。

 

ではなにを変えるか?

「やり方」を変えるんです。

 

 

 

トップビルダーのトレーニングメニューを見ると

様々な種目をやっていることがわかります。

 

 

だから いろいろな種目をやらないと・・・と思いがちですが

 

 

少し見方を変えて

 

ほとんどのトップビルダーが

共通してメニューに組んでいる種目があります。

 

そうです基本種目です。

 

胸だったら ベンチプレスやダンベルベンチプレス

脚だったら スクワットなど。

 

 

「俺はベテランだから、もうベンチプレスやスクワットは卒業したよ」なんて話は聞いたことがありません。

 

 

基本種目は、肉体改造の柱になる種目だから

トップでもメニューから外すことは滅多にないんです。

 

 

でも その基本種目は、初心者のときからやっている。

 

なにが違うか・・・種目は同じでも「やり方」が違うんです。

 

 

100満点中、10点のスクワットもあれば90点のスクワットもあります。

 

 

今の基本種目のレベルを上げることが、全体の発達につながる。

 

 

いつも言うことですが

 

迷うほど「基本」をやり込むことです。

 

 

他者から「俺には これが効く」を紹介されても

他者は他者、自分は自分。

迷いを繰り返し、迷いが深くなるだけ・・・ご注意を。

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5650
トラックバック