CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 7月3日 おばんです。 | main | 7月4日 おばんです。 >>
7月4日 おばんです。

JUGEMテーマ:健康

熊吉

100%筋肉 POWER GATE
 

 

昨日の続きで

「カラダのコレカラ デザイン」レッツエクササイズプロジェクトでお話しした内容を、ゆっくりご説明してみます。

 

 

「私が正しい」なんて言いません。

体で納得できた方、腑に落ちた方は継続してください。

 

それでは昨日のおさらい

 

自然に キレイになるため 健康になるための「歩き方」についてお話しします。

 

まずは

1)   靴底がすり減った靴は履かないこと

2)   できるだけ靴底は平らな靴を履くこと

3)   歩くとき、つま先は常に進行方向に向けること

(理由については、昨日のブログでご確認ください)

 

 

さらに注意するとしたら

・大股では歩かないこと

・腕を大きく振らないこと

・ヒザを伸ばしたまま カカトから着地しないこと

 

 

その理由は、体に掛かる負担が大きくなるからです。

 

 

人間が歩くとき、ヒザには体重の3倍、足には1.2倍もの負担が掛かるといわれています。

体重が60kgの人でもヒザにかかる負担は、歩くたびに180kg

 

大股で歩けば、その負担はもっと大きくなります。

 

 

また、足裏に掛かる衝撃は

通常カカトに70%、足先の部分に30%なのが

カカトから着地すると、衝撃の90%がカカトに掛かるそうです。

 

 

大股で、カカトから着地する歩き方は

カカトやヒザ、股関節に掛かる負担が大きすぎるんです。

 

 

特に、高齢の方はおすすめできない歩き方です。

 

 

大股で歩いた方が消費カロリーも大きいという話も聞きますが、どんな歩き方と比べたかによります。

 

 

もともと日本人は、腕を振って、大股で、カカトから着地するような歩き方はしていません。

 

 

自分たちの体のつくりに合った動作をすること。

それが自分の体の正しい使い方です。

 

 

明日は 日本人的歩き方についてお話しします。

 

 

 

明日も「有り難う」「ご気元」で

楽しく、丁寧にすごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5662
トラックバック