CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 8月26日 おばんです。 | main | 8月28日 おばんです。 >>
8月27日 おばんです。

JUGEMテーマ:

2018鐵人之國」

 

鐵人之國(東北・北海道ボディビル選手権)では

フリーポーズを2分以内としています。

 

 

なぜフリーポーズを2分にしたか・・・理由は1分だと短いから。

 

 

2分の持ち時間だと

マスキュラ―で押し切るには無理があります。

止まっているには長すぎる。

 

 

2分間ポーズをとるには

それだけの体力も表現力も構成力も必要になります。

 

それを錬ってもらうんです。

(写真は、鐵人之國のミスター・フリーポーズ榎木猛選手)

 鐵人之國

 

ボディビルと「筋肉を発達させれば、後は何とかなる」と思われがちですが、ポーズをとって、それを競うのですから、ボディビルは あくまで表現するスポーツ。

 

 

筋量的には まだ未発達な人でも

ちゃんとポーズがとれていると目を引きます。

 

反対に

筋量が十分なのに

変なポーズしか取れない人は滑稽(こっけい)に見えてしまいます。

 

 

人間はバランスが気になる動物。

(二本足で歩行できるくらいですから)

 

いかに最高の絵画であっても

傾いた状態で飾られてあったら、絵そのものより、傾きの方が気になるはず。

 

 

大声だけでは優勝できない

ボディビルには歌唱力が必要なんです

 

 

そして

フリーポーズには「その人」があらわれます。

その時々の心理状態もあらわれます。

 

観客のみなさんは

筋肉の発達やポーズの完成度だけでなく、それらも総合的に感じ取っているようで

 

 

それは鐵人之國アンケート(再度数え直したら回収率89%でした)に書かれてあるコメントを見てもわかります。

 

 

ちなみに

70%の人が大会の見どころにフリーポーズをあげているくらいですから、やはりフリーポーズはボディビルの花。

 

(偉大なビルダーと呼ばれた人たちの多くは、フリーポーズの名手でした)

 

 

「フリーポーズが魅力的」これも鐵人之國の大きな目玉・・・だから2分です。

 

 

 

明日もきっと良い日

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

 

| 鐡人の國情報 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5719
トラックバック