CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 9月14日 おはようございます。 | main | 9月16日 おはようございます。 >>
9月15日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

「100%筋肉 POWER GATE」

 

昨日の「理想の指導(者)とは?」についての続き・・・

 

 

「最近ベンチプレスが効かないので、ほかに良い種目はありませんか?」と聞かれたとき、ケガの要素がなければ、私はその人にベンチプレスを指導します。

 

 

「本人が効かないと言っているのに、ベンチプレスを指導するのは変だ」と思う人もいるでしょうが、そうじゃないんです。

 

一口にベンチプレスといっても、自分に最高に合うベンチプレスを100点満点とした場合、1点のベンチプレスをしている人もいれば、90点のベンチプレスをしている人もいるんです。

 

 

そもそも ちゃんとやって効かない種目なんて まずありません。

 

今まで正しいと思い込んでいたから効かなかった場合がほとんど。

 

それを正しく修正する手助けをするのが

本当の指導だと思います。

 

 

 

種目が合う合わないではなく、やり方が悪いのに(多くの人が無自覚ですが)、他の種目を教えてしまっては、またすぐに行き詰ります。

 

 

「こういう種目もあるよ」と教えるのは簡単です。

そして、それまでと違う種目をやれば、なれない刺激に筋肉痛もなりやすいので「これは効く種目」と思い込みやすい。

 

 

でも、なれないことをやれば筋肉痛って簡単にくるんです。

 

その証拠に、普段やっているメニューを反対からやっても筋肉痛はきます。

 

( いろんな種目を教えた方が、トレーナーへの依存度を高めるには有効ですが)

 

 

それより、時間がかかっても基本をしっかりマスターすること。

 

70〜80点クラスのベンチプレスができる人なら

胸のトレーニングで効かない種目はなくなるでしょう。

 

 

その方が長い目で見れば早道です。

 

 

 

 

 

人が成長するとき

目指すところは似ていても、一人ひとり歩く道が違います。

 

それに 成長には時間がかかるんです。

 

500メートル先までの早道なら、誰に聞いても答えは同じでも、それが1,000キロメートル先の早道だと答えはバラバラになるはず。

 

体を変えるというのは自分を変えるということ。

誰にもあてはまる早道はありません。

 

 

だから人に聞くほど迷うようになる。

 

 

「自分の足元を深く掘れ そこに泉あり」という言葉どおり

基本で自分を磨く・・・それを根気よく進めるのが本当の指導だと思います。

 

 

今日も良い日

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5738
トラックバック