CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 平成30年308日目 おはようございます。 | main | 平成30年310日目 おばんです。 >>
平成30年309日目 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

 

「100%筋肉 POWER GATE」

 

さて、今日は、昨日の「人は見た目が9割」などの話しの出どころについての心だ〜

 

 

外の情報を得るときの五感の割合は、視覚87% 聴覚7% 臭覚3% 触覚2% 味覚1%(数値にはいろいろあります)といわれています。

 

たぶん これが「見た目が9割」の出どころではないかと。

 

 

たしかに「なるほど」というところもあるんですが

 

音を集中して聴こうとするとき、人は目を閉じたりするので

得たい情報によって、五感の割合は変化します。

 

また、目の前にある物(探し物)に気付かないことがあったり

 

五感はどれも意識を向けないと認識できません。

 

 

見た目がその人の印象に大きく影響はするでしょうけど

臭いで嫌われることだってあるんですから・・・9割とか100%ということはないでしょう。

 

 

 

また、有名なメラビアンの法則というのもあります。

 

これは話し手が聞き手に与える影響の割合で

 

話の内容などの言語情報が7%

口調や話の早さなどの聴覚情報が38%

見た目などの視覚情報が55%の割合

(7−38−55のルールともいわれている)

 

これもまた いろいろな解釈がされていますが

話しの内容より見た目の方が重要・・・ということではなくて

 

 

ざっくり説明すると

人間は矛盾したメッセージが発せられたときに

それをどう受け止めるのかという実験。

 

たとえば、好意的な言葉(言語)を言っている(聴覚)のに、顔の表情は嫌悪の表情(視覚)だった場合、言葉と言い方、そして表情のどの情報を最も参考にしたかというもの。

 

言い方は表情には感情が込められるので

そりゃ聴覚や視覚の方が割合が高くなって当然です。

 

(ムッとした顔で「好きだ」と言われても、その言葉を誰も信じないでしょ)

 

 

どうも人間は「数字」を鵜呑みにしがち

私も注意したいところです。

 

 

 

昨日は「魅力って考え方」と言いました

もちろん、人それぞれ いろいろなところに魅力を感じるでしょうが

やっぱり人間的な魅力の大本(おおもと)は「考え方」だと思うんです。

 

 

 

梅はそのまま食べると(弱い)毒ですが

知恵と手間をかけて梅干しにすると、素晴らしい健康食に大変身。

 

 

日々の出来事の中には

楽しいことばかりでなく、悔しいこと、苦しいことだってあります

 

それを どうやって

楽しくする化

学びにする化

梅干し化(加工)するか

 

それは考え方によるところ 特大です。

 

 

食べ物だけじゃなく体験も栄養吸収。

 

日々の出来事をどう食べるか(考えるか)

今日も一日 いただきます。

 

 

今日も良い日

「有り難う」

「ご気元」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5789
トラックバック