CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 平成30年 12月29日 おはようございます。 | main | 平成30年 12月31日 おばんです。 >>
平成30年 12月30日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

 熊吉

一昨日の話しの続きで

 

 

仕事の不満や文句を言いながらバリバリ仕事してる人なんていません。

言った分だけ不満も文句も膨れるので、実労働の何倍も疲れます。

 

疲れるからまた不満が増え愚痴を言い、また疲れ、疲れるからさらに愚痴を言う・・・疲労のスパイラル(これはシンドイ)。

 

 

トレーニングでも「俺には才能がない」とか「なかなか発達しない」と言いながら発達する人なんかいません。

 

(これは脳神経系のRASという機能とも関係するって話は、また後日)

 

 

そもそも、そんなこと言っても何も良いことありません。

 

自分には「発達しない・できない」という暗示をかけてしまうし、それを聞いている周囲も良い気分はしないはずです。(愚痴っぽい人だなと思われるだけ損)

 

また、もし、周囲の人から「そんなことないよ」と言われても なぐさめにしか聞こえないでしょうし、「そうだね、全然発達しないね」なんて言われた日には、かなり機嫌が悪くなるでしょう。(自分から言ったのに)

 

あれだけ好きだったトレーニングの熱も冷めてしまうかもしれません。

 

 

ついつい愚痴ってしまうこともありますが、愚痴は「おろか+おろか」と書くように、良いことなしなので、できるだけ口にしないよう心掛けたいものです。

  

 

ところで、口から発した言葉が なぜ自分の心に影響を与えるのか?(出したモノなのに)

 

 

これもまた勝手な解釈なんですが・・

 

声を「出す」とは言っても

言葉を「出す」とは言いません

言葉は「口にする」と言います。

 

なぜ昔から「口から出す」ではなく、飲んだり食べたりする意味の「口にする」と表現してきたのか?

 

そこには「言葉は相手に対して発しているだけでなく、自分も吸収しているんだから気をつけなさい」という昔人の教えが込められている・・・そう(勝手に)思います。

 

昔の人ってすごいなぁ。

 

 

 

明日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

 

 

| 筋肉な毎日 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5847
トラックバック