CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 平成31年2月10日 おはようございます。 | main | 平成31年2月12日 こんにちは。 >>
平成31年2月11日 おばんです。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 「100%筋肉」POWER GATE

 

毎日のように健康教室で60〜80代の方と接していて心配なのが、「テレビからの健康情報」です。

 

最近では「骨を丈夫にするには、つま先立ちからカカトをドンと落とす」なんてとんでもないことが、高齢者の間に広まっています。

 

「骨を丈夫にしたい」という人たちは、骨が丈夫ではない(もしくは そう思っている)人たちです。

 

そんな人たちが、つま先立ちから カカトをドン・・・考えただけでも怖いこと。

実際やると、ヒザ、コシへの負担はもちろん、首から頭が特に苦しくなります。

 

ボクシングのアッパーカットはKO率の高いパンチで、それを例にするのは強引かもしれませんが、脳は縦揺れに弱いんです。

 

はじめて聞いたとき(教室の参加者から)は、いくらなんでも そんなことは流さないだろうと思い「何かの勘違いでは」とお答えしたんですが、数日前に私も目撃!

 

 

NHK放送文化研究所の調査によると、テレビ情報の信頼度は8割近くと とても高く、その上、70代は1日に6時間もテレビを見ているのだとか。

ほかにも、お医者さんの約9割が、診療の中でテレビの健康番組の影響を実感しているそうです。

 

正直 怖い。

 

本当に「テレビは嘘を言わない」「テレビは間違っていることを流さない」そう思っている高齢者は多いんです。

 

番組で紹介さ入れた運動を継続して、具合が悪くなった人や膝や腰を痛めた人、「ウォーキングのときは、大股でカカト着地」を継続して、歩くのが不自由になった方もいます。

 

健康器具やサプリメントは広告としても

番組で健康情報を取り扱うときは、もっと責任を持ってほしい。

 

 

現代は情報社会といわれてますが、健康情報が増えた分、みんなの健康状態がよくなり、心も体形も整ったか?・・・といえば、反って

迷いが増えたり深まったりしているように思います。

 

 

健康教室では、疑問力をもってもらうために、テレビで紹介された運動や健康器具、サプリメントなどなどなんでもいいので、やる前、買う前にご相談くださいと しょっちゅう言っています。

 

これからも根気よく何度も何度を言い続けます。

 

ちなみに、ボディビルのトレーニングでも情報を鵜呑みにしないこと。

いくら有名な選手が言っていたとしても、その人は「あなたに詳しいわけじゃないから」。

 

本当の理解とは疑問からはじまるんです。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 筋肉な毎日 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/5892
トラックバック