CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和元年5月27日 おはようございます。 | main | 令和元年5月29日 おはようございます。 >>
令和元年5月28日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

ボディビルの学び「鐵学」。

 

「自分に正直に・・・」というのはわかるんですが

 

喜怒哀楽などの感情の波に心が揺さぶられてしまうと、人の心は乱れやすく、疲れやすく、傷みやすくなるもんです。

 

 

もちろん感情は とても大切なものですが

「感情的になる」とか「感情をむき出しにする」といったように、どちらかといえば かなり動物的(動物も感情は持ってる)。

 

そんな感情を包んでいるのが「感性」だと(勝手に)思ってます。

 

 

人は外部の情報を目、耳、鼻、舌、肌から五感として得るわけですが、それらの情報は「感性」を介して感情や心に収められる・・・

 

だから、同じような環境や出来事でも、人によって受け止め方が違ってくるのでしょう。

 

 

感性とは、なかなかコントロールがきかない感情のクッションというか、コントロールする手綱(たづな)のようなもの

 

そして、「感性を磨く」という言葉があるように、感性は自分で磨きをかける(レベルアップ)ことができます。(これはありがたい)

 

(「感性を磨く」はあっても「感情を磨く」はありませんから)

 

 

でも、なんでも磨けばいいというものではないと思うんです。

たとえば、損得とか人との比較、好き嫌い、不安や怯え怒りなどといったもので磨けば、感性は傷付いたり曇ったりするでしょうし

 

逆に、愛情や優しさ思いやり素直な行いといったもので磨けば 澄んでくるでしょう。

 

 

磨くものによって感性の輝きは変わってきます

 

なにで磨くか どう磨くか

なぜ磨くか・・・

 

 

情報洪水のような現代では

この感性が鈍化しやすのではないでしょうか

 

しかも情報の中には不安や物欲、優劣などをすり込んでることが多く、それが、現代人の心の病の多さにつながっているようにも感じています。

 

 

人工的なものではない

自然の空間、シンプルな環境の中に身を置いてみると心が落ち着くのは、人間が本来身を置くべきところだから

 

最近 感情が不安定だと感じているようなら

週末当たり 自然に身を置いてみてはいかがでしょう。

(出羽三山おススメです)

 

 

ちなみに ボディビルは

他者ではなく どこまでも自分と向き合う鍛錬法。

感性を磨くには最高です。(自社調べ)

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:52 | - | - |
コメント
おはようございます。
ブログを読ませていただいて、私気持が少し楽になりました。

ある出来事が有り、気持が落ち込み少し不安定になっていたのです。でも、自分で立ち直らなければいけないと思いました。

日曜日には、近くの山にでも出掛けようと思います。

有難うございました。
| pirakansasu | 2019/05/30 7:21 AM |
少しでも気持ちが軽くなれたら良かった。

自然は生きることにシンプルです。
きびしいけど、とても優しいものだと思います。

良い日曜日になりますように。
| 熊吉 | 2019/05/30 4:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/6002
トラックバック