CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和元年7月28日 おはようございます。 | main | 令和元年7月30日 おはようございます。 >>
令和元年7月29日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

以前 聞いた話しを思い出して

「良い話し聞いてたんだ」と、今になってありがたく思うことがあります。

 

今日はそんなお話し・・・

 

お世話になっている料理の先生がこう話してました

 

「子供たちにはプラスチックじゃなくて、陶器のお茶碗でご飯を食べてほしいんです」

 

「??・・・どうしてですか」

 

「プラスチックのお茶碗は割れないけど、陶器のお茶碗は割れてしまうことがある・・・失うことで物の大切さを知ることがあるんです」

 

そんな話を、先日の健康教室の最中に思い出して

急遽「大好きな物を失うことで得る学び」という話をしました。

 

イメージを膨らまします。

 

誰にでも お気に入りのお茶碗ってある(もしくは あった)と思います。

 

誰に買ってもらったお茶碗なのか

そのお茶碗で食べた 美味しいご馳走 

一緒に食べた人、楽しい時間・・・みんな思い出。

 

でも 何らかのアクシデントで

そのお気に入りのお茶碗が割れてしまったとしたら・・・

 

いくらお気に入りだったとしても

もうお茶碗としては使えません

 

あきらめるしかない・・・

 

 

いくらお気に入りだったとしても

いくら大好きだったとしても

いくら愛着があったとしても

壊れてしまえば お別れすることになる。

 

だから 普段から大切にする。

 

これは陶器の茶碗だけでなく

多くのことに共通する話。

 

 

それを人間が生きるために欠かせない「食」の中で学ばせる・感じさせる・・・それって大切なことだと思います。

 

食は単なる栄養の補給作業ではありません。

 

大切な人や時や食材や美味しさなど

いろいろな学びや思い出があるはず

 

お茶碗は常にそこにある器

 

壊れることは悲しいこと、寂しいことだけど

その可能性があるからこそ その都度、その時々

大切にする。

 

 

普段当たり前に思っているこの毎日も

永遠ではないわけで

だから今を正直に大切に過ごす。

 

「陶器のお茶碗でご飯を・・・」というのは

そんな教えのように思えました。

 

ありがとうございます。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 12:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:46 | - | - |
コメント
おつかれさまです。選手権準備、お忙しいことと思います。
今年は選手紹介はないのですか?当日楽しみに参加させていただきます。
| masakazu | 2019/07/29 4:29 PM |
先日はありがとうございました。
選手紹介は・・・私のブログネタが無くなるのと
大会準備に集中できるよう
明日から二人すつの登場で 前日まで紹介します。
ご期待ください。
| 熊吉 | 2019/07/30 10:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://powergategym.jugem.jp/trackback/6066
トラックバック