CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和元年10月15日 おはようございます。 | main | 令和元年10月17日 おはようございます。 >>
令和元年10月16日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

鐵学

熊吉

 

昨日は どの道 選んでも

肝心なのは 歩き方(考え方や行い)と誰と歩くか・・・という話をしました。

 

私たちの毎日は選択と行動の連続でできています。

 

今日は昨日の道の先

明日は今日の道の先

 

自分の選択(行動)の先にしか人は存在できません

だから自分以外の誰かの人生を歩むことはできません。

 

ちなみに

時間は止まらないので、行動しないというのも ひとつの行動です。

 

 

そんな選択 → 行動 → 選択 → 行動 を繰り返していくと、あることに気付く・・・今日はそんな話をします。

 

 

ある人が

富士山の山頂にTシャツ・サンダル履きの人はいないと言っていました。

 

もっともです。

 

買い物に行ったついでに富士山に登ってみたら 気付くと山頂にいた・・・なんて人はいません。

 

富士山の山頂にいる人たちは、富士山に登ろうとした人

そして山頂に登れるだけの体力も道具も準備ができていた人

そういう人しかいません。

 

 

ちなみに 当たり前のことですが

 

ジムにはトレーニングする人たちが来ます。

スーパーには食料品を求める人が来ます。

温泉には温泉を楽しみたい人たちが来ます。

映画館には映画を観たい人たちが来ます。

 

 

食料品を買いにジムに来る人はいません

温泉入りに映画館に行く人もいません。

 

行動にはそれぞれ目的があって

結局 人はそうやって寄り合っていくのだと思います。

 

気付いてみると、自分の周りに似たような価値観や感覚の人が増えている・・・なんてことありませんか?(ジャンルが違っていても)

 

それは「引き寄せ」ているというより

寄り合っているからだと思います。

 

 

私はこれを「遠心分離機の法則」と言っていて

 

遠心分離機とは遠心力を利用して比重差のあるものを分離する機械。回していると同じ比重の物が寄っていきます。

 

まるで 回転は日々の出来事、回転している時間は時の流れ

それによって比重の近い者(似た者)が集まってくる

 

昔からいう「類は友を呼ぶ」「同類相求む」は、このことを指しているように思います。

 

 

真に自分が好きなことをやっていれば

次第に心地良い仲間

競い合える仲間と出会ったり

時を過ごすことができる。

 

 

歳を重ねるほど、世の中が楽しく感じるのは そういうカラクリがあるからだと思ってます。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック