CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年1月4日 おはようございます。 | main | 令和2年1月6日 おはようございます。 >>
令和2年1月5日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

鐵学

昨日はパワーゲートのトレーニング始めの日(筋トレ解禁日)

50人近い会員が来てくれて、2020年も良い年になりそう

「ありがとうございます!」。

 

さて、今日は 一昨日の「抵抗を揚力に」の話の続き・・・

 

人の成長(特に自営)って、飛行機などの翼の進化に似ていると思ってます。

(力学に詳しいわけじゃないのでズレてるかも・・・それでも気にしないのが大人)

 

最初に長い四角な板を横にした翼で 前に突き進んで行ったら、動き出しに勢いがあるほど 板のカドに当たる空気の抵抗が大きくて、飛ぶどころか 前に真っすぐ走るだけでも大変(汗)。

 

最初のうちは「こんな抵抗なんかに負けないぞ!」とガムシャラに進んで。

それが前に進む力「推進力」を鍛えてくれるんだけど、正直しんどい。

 

(本人は抵抗(世間)と戦っている(挑戦)気になっている。でも、その抵抗は自分が作り出してる)

 

そんな空気抵抗を何度も味わっていると(体験してると)、「少し板の前の方を上げてみたら どうなるだろう?」という工夫が生まれてくる。

 

すると 空に凧が舞い上がっていくように「揚力」という浮く力を体験する。

(抵抗を受けながら「よ〜し」と上向きな志しを立てると、周囲が徐々に協力してくれるようになる)

 

そして、「どうせなら、板のカドを取った方が 空気の流れはスムーズになるんじゃない?」という改良が加わり。

(人や世間に学んで、段々「我」が取れてきて、やっていることを改良し始める)

 

すると推進力(前に進む勢い)は同じでも、もっと遠くに飛べること、揚力も得やすいことがわかるってくる。

(少しずつ世間に認めてもらえるようになる、応援してもらえるようになる)

熊吉 

さらに、「もっと抵抗を減らす形はないだろうか」「もっと揚力を得る方法はないだろうか」「方向を変える機能は」とか、工夫や改良するのが楽しい癖の磨きがかかる。

 

それを形にするほど、より高く、より遠くまで行けるようになる。

(仕事のステージが上がっていく)

 

・・・そんなふうに 似てると思うんです。

 

最初は自分が「やりたいこと」や「思い込み」で 突っ走っていたのが

人に学び、世間に習って 

「あ〜そうなんだ」「なるほど こうなんだ」

「いいこと聞いた」「やっと わかった」と気付いて 知恵を出し、工夫し、改良していく

 

それが「人が喜ぶこと」「人に役立つこと」の度合いを上げてくれて

その度合いが高くなるほど、多くの人から応援いただけるようになる。

 

これが

最初は「抵抗」だったものが、徐々に(機体を)押し上げてくれる「揚力」に変わっていく流れ。

 

だから先日話したように、最初から敵も邪魔もなくて

自分が変化(成長)することで「抵抗」は「揚力」に変化していく・・・ということです。

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 08:15 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:15 | - | - |
コメント
コメントする