CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年2月4日 おはようございます。 | main | 令和2年2月6日 おはようございます。 >>
令和2年2月5日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

鐵学

 

「500円は何色ですか?」と

とっさに聞かれて、あなたは どう答えますか?

 

私は「銀!」と(自信をもって)即答しました。

 

そのあと 財布から100円と500円を取り出し確認したところ、明らかに銀ではない・・・なぜ?

 

実は、500円硬貨が登場した1982年(昭和57年)当時は色が銀色!

その後ニセ金の問題発生で2000年(平成12年)に金色の硬貨に改鋳。

 

30代以上は初期のころのイメージが強いために「銀色(シルバー)」と答え、10代、20代は「金色(ゴールド)」と答えるそうです。

 

これは「金色だと思ってたら俺若いんだ〜」なんて話じゃなく、考えてみれば怖い話なのです。

 

毎日のように見ているのに

(いつでも確認できた)

ほかの硬貨と一緒に見ているのに

(いつでも比べられた)

20年も前から変わっていたのに

(時間も機会もたくさんあった)

それでも ぜんぜん気付けなかった・・・先入観って本当に怖い。

 

日常の生活の中にも 先入観によって

「目に映っていても 見えていない」

「耳に入っていても 聞いていない」

「わかっているつもりで わかってない」

「やってるつもりで やれてない」なんてことが たくさんあるように思います(汗)。

 

物事に対しても、人に対しても、先入観がはたらいているとしたら怖いこと。

「先入観をなくすなら、まず自分の中の常識を疑いな!」そんなふうに500円から教えられた気がします。

(ありがとうございます)

 

ちなみに、2021年には新しいデザインになるので、「500円は何色ですか?」は年内限りのネタになるでしょう。お早めにお使いください。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように

「ありがとう」「ごきげんで」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:42 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:42 | - | - |
コメント
コメントする