CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年2月5日 おはようございます。 | main | 令和2年2月7日 おはようございます。 >>
令和2年2月6日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

 

鐵学

昨日は「500円は何色?」という話をしました。

 

本当に先入観って怖くて、先にインプットされたものってなかなか取れません。

子どものころ親や学校からいただいた「常識」もその一つでしょう。

 

若い時分の反抗期というのは、鳥のヒナがタマゴの殻を破って外に出てくるようなもので、それまで植え付けられた常識という囲いから抜け出すために湧いてくるパワーのように思います。

 

その殻を破ると、今度は「世間の常識」という殻が登場してきます。

これがなかなか難敵。

 

身近に「世間は甘くないぞ」なんて言う諸先輩たちが(幅広い年代に)たくさんいると、世間の壁が途方もなく分厚く思えて、自分の夢を諦めてしまう・・・なんてことがある。(親もそうだったのでしょう)

 

また、殻を破らずに 殻の中にいた方が「安心」という人もたくさんいるようです。

 

そんな「世間の常識」という殻の中にいるうちに、次第に自分の中に「自分て だいたいこのくらい」なんていう殻を作ってしまったりします。

 

そんな「心の壁」を「突き破る」とか「破壊する」といった激しいというか乱暴な言葉もありますが、私の場合、コツコツとボディビルを継続しているうちに、いつの間にか(カラダが変わってたら)殻や壁が消えていました。

 

今にして思えば、最初から壁(殻)なんてなくて、自分が作り出した幻だったように思います。

 

気付けば、世の中が明るくなって 広くなって 毎日が楽しい。

 

本当に好きになったら 頑張りたくなる、努力したくなるもの。

その心に正直に行動してみると、自然に殻も壁も消えていくように思います。

 

つくづく 好きというのは とても大きな力を持っています。

(筋肉とボディビルに今日も感謝)

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように

「ありがとう」「ごきげんで」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:38 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:38 | - | - |
コメント
コメントする