CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年3月24日 おはようございます。 | main | 令和2年3月26日 おはようございます。 >>
令和2年3月25日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

鐵学

今どきは、SNSでも何でも、誰かとつながっていないと不安を感じる人が多いのだとか・・・

 

人と人との間にあるからこそ人間というくらいですから、そういった面は誰にでもあるのでしょうが、ときには 自分以外に話す人がいない・・・そんな時間も必要だと思うのです。

 

12年前に 前の職場を退職したばかりのころ

朝日のジムに来場する人は少なく、日に10〜15人程度。

誰もいないジムの中で、これからのことを悩んだり思案してばかりの時期がありました。

ボディビルを始めた当初もナイナイ尽くしでしたが、同業者もいないので、事業について相談する人もいない。

 

一人孤独に悩む・・・今にして思えば、それが 良かったのだと思います。

 

親の期待でもなく、他者が求めることでもなく、世間の欲求でもなく

自分が本当にしたいこと、本当に求めていることに気付くには、自分のほかに話し相手がいない状況が良い。

 

多くの情報、多くの人とのつながりが 容易に、そして瞬時にできる時代だからこそ、反って、自分だけに戻る、「個」に戻る時間も必要なのではないでしょうか

 

静かな部屋に横になり

自分のカラダに意識を注ぎ続けると

「少し内臓が疲れている気がする」とか「関節に痛みを感じる」とか

カラダの様子(声)を感じ取ることができるように

心の様子(声)も感じ取れてくるはず。

(時計の秒針も、耳をすまさないと聞こえてこない)

 

個人的には、週に一日は無理としても、ひと月に一日くらいは、そんな時間がとれたらと願いつつ、実際は、一日に30分だけでも、個に戻る習慣をつくろうとしている最中です。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:38 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:38 | - | - |
コメント
コメントする