CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年3月26日 おはようございます。 | main | 令和2年3月28日 おはようございます。 >>
令和2年3月27日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

鐵学

先日は、人間生きてるだけで 大したもの

みんな誰でも悩んだり不安を抱えながら生きてる(はず)・・・という話をしました。

 

現代では「お金があれば幸せ」という雰囲気もありますが

お金持ち=幸福とは限らなくて、お金持ちにはお金持ちの悩みがあると思います。(あればあったで大変なのではないでしょうか)

 

年代なら、若ければ若いなりの悩みを抱え、不安を抱え

老いては老いたなりに悩みを抱え、不安を抱え

 

私も何十年も生きてきましたが

人の心から「不安」が消えることは「ない」ように思います。

 

一つの不安が消えたかと思えば、また新たな不安がポ〜ンと浮かんでくる・・・

 

「ああぁ 不安などなくなればいいのに」そう思うこともあるのですが、もし不安がなかったら・・・私の場合 動かない(行動しない)かもしれません。

 

一口に「不安」というと、悪いもの、良くない感情ととらわれがちですが、不安があるから、心配だから、人は対処しようとするわけで

 

たとえば、「東北の冬は雪が降る 寒くてしんどい」

「だったら雪囲いをしよう」「暖房の準備をしよう」とか

「来月は忙しいから、今のうちに原稿を書いておこう」とか

「このまま老化して足腰が弱くなったどうしよう」

「よし、ボディビルで筋肉を鍛えよう」とか

 

明日の健康教室の準備も不安だから、あれこれ準備するわけで

「不安が行動のきっかけになる」ことって かなり多くて、これを「前向きな不安」と呼んでます。

 

だから「不安」が問題というよりも

不安を不安のままにしておくことが問題なのではないでしょうか。

 

不安を不安のままにしておくと 不安は増殖したり 膨張したりします。(目を背けていると後ろの方で肥大しているような感じ)

これを「後ろ向きの不安」と呼んでいます。

 

心に浮かんだ「不安」をどう対処するかで、不安が良い段取りやアイディアを生んだり、逆に、不安が恐怖に育つこともある・・・そう思います。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:42 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:42 | - | - |
コメント
コメントする