CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年5月16日おはようございます。 | main | 令和2年5月18日おはようございます。 >>
令和2年5月17日おはようございます。

熊吉

鐵学

筋肉大國には、緊急事態宣言解除にともない、トレーニングを再開する人たちがやってくるようになってきましたが、世界中には今もトレーニングができなくて、苦しい思いをしている人たちがたくさんいるようです。

 

トレーニングが習慣化している人にとって、それはとても辛く苦しく悲しいこと。トレーニングに限りませんが、一日も早くトレーニングができる日常が戻ってくれることを願っています。

 

さて、自粛などによって行動制限がかかり不自由さを味わうと、それまで行きたいところに行ける、会いたい人に会える、そんな「当たり前」が、とても自由だったってことに気づきます。

 

失うことで、そのありがたさを知る

 

今回の自粛がなければ、(昔に比べてみれば)贅沢で便利な日常を、当たり前のことと享受し続け、「もっともっと」を加速させていったことでしょう。

 

今回のことで、悲しい思い、辛い思いをされた方もいらっしゃるでしょうし、経済のことを考えると そうも言ってられないのですが、病の拡散を防ぐために全世界がほぼ同時に足を止めた・・・それによって、まるで何かから追われるように走り続けてきた 今までを 振り返る時間(機会)、自分と向き合う時間(機会)を得たようにも思います。

 

自分ってなんだろ、本当に望んでいることってなんだろ、本当の幸せってなんだろ・・・そんなことを考えた人も多いのではないでしょうか。

 

明日は「明るい日」と書きます。

「今まで」を見つめ直しながら、「今」を大切に過ごしながら、明るい日を信じて過ごしていきましょう。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 10:14 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:14 | - | - |
コメント
コメントする