CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年6月20日 おはようございます。 | main | 令和2年6月22日 おはようございます。 >>
令和2年6月21日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「鐵学:ボディビルからの学び」

 

少し話を戻して「言葉は現実化する」について・・・

 

「言」の字の成り立ちは、神様に対して いう誓いの言葉の象形だといいます。

普段何気なく口にしている言葉も、神様に対して誓っているのだとすれば、気をつかわないといけない。

特に口癖は、誓いの数が多いだけに要注意!!という話をしました。

 

さすが「言霊(ことだま)」という言葉があるくらいだから、「言」の大切さを字の形でも表してたんだ・・・そう思ってたのですが、それはなにも日本に限ったことではないようで

 

新約聖書(ヨハネの福音書)の冒頭には、「はじめに言(ことば)が あった 言は神と共にあった 言は神であった」と書かれてあるそうです。

 

「ことば」を言葉ではなく「言」と表現している・・・もちろんこれには深い解釈があって、私の想像など遠く及ばないでしょうが、「ことば」を「言」と記しているのは、おそらく頭の中で考えているときに使っている言葉ではなく、言うという行為、話す、口にする、発言するときの「ことば」を指しているのだと思います。

 

「言う」とは一つの行動。それが、日本語では神様に対していう誓いの言葉と表現されて、キリスト教では「言は神」と表現した。

 

それほどまでに「言」(「ことば」「いう」)は大きな力を持っているのでしょう。

 

良い言葉を口にしていれば 良い結果を

悪い言葉を口にしていれば 悪い結果を引き寄せるのも道理です。

 

昨日、人間の脳は2割の映像と8割の言葉でつくられていると話しましたが、思考も行動も「ことば」によることを考えるなら、人間は「ことば」で出来ているといえるのかもしれません。

(人生も「言」によって出来ているのかもしれません)

 

だから「言(ことば)」・・・つまり 口にする言葉を磨くことが自分を磨くこと、成長にもつながるのように思います。

 

たとえば、「夢を叶えたい」という場合、「叶えたい」では願望満載で、いつになったら叶うかわかりませんが、「夢は叶うもの」と言い切ったら、意識にも行動にも勢いが生まれてくるはず。

 

「ことば」を少し変えるだけでも意識が変わる・・・「ことば」の使い方は自分の使い方かもしれません。

腑に落ちた方は、ごぜご活用ください。

 

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 10:06 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 10:06 | - | - |
コメント
コメントする