CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年7月22日 おはようございます。 | main | 令和2年7月24日 おはようございます。 >>
令和2年7月23日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

「ボディビルからの学び「鐵学」

 

人間生きていれば 辛いこと 難儀なこと 苦しいこと 悲しいこと 頭にくること 不安になること・・・そりゃあります。(一切皆苦)

 

だから「泣き言」を言っていいと思うんです

吐かないと 辛すぎることもあるから。

 

でも ゴルゴ松本さんが「命の授業」でも言っていたように

(あくまで私の記憶。実際の言葉とは違っているはず)

 

夢を追って挫(くじ)けたとき、落ち込んだときは 泣き言を吐いてもいいと思う。

でも少しずつマイナスの言葉を減らしていくんだ。

マイナス(−)の言葉がなくなったとき、吐くから−(マイナス)が取れて、夢は叶う。

 

 

その通りだと思います。

辛いときは泣き言いってもいい

でもいつまでも そんなことをしていても前身はありません。

 

泣き言を言いながら成長した人なんていないのだから。

 

 

それに、泣き言ばかり言う人に協力する人、助けてくれる人もいないでしょう。

(慰められるのがクセになったら最悪です)

 

上手じゃなくても 不器用でも

それでも全力で前進しようとする人に

人の心は熱くなったり、動かされたりするもの。

 

言ってもいい、でも いつまでも言わない・・・

「歯を食いしばる」って言葉は、そんなときの言葉なのでしょう。

 

しんどいときもあるけど、今を一緒にがんばりましょう。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 08:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:21 | - | - |
コメント
コメントする