CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年9月9日 おはようございます。「ボディビル鐵学」 | main | 令和2年9月11日 おはようございます。「筋肉鐵学」 >>
令和2年9月10日 おはようございます。「筋肉鐵学」

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

昨日は、「言葉遣いは心遣い」という話をしました。

 

そう言いながらも、不意に出会った人に、後になって「お礼を言うのを忘れた」なんてことがあったり、健康教室でも、「もっとゆっくり話せばよかった」と反省したりすることがよくあって・・・まだまだですね。

 

 

さて今日は

昨日、ジムの会員さんから「イライラして怒りそうになったとき、ブレーキをかける方法はないですか?」という質問をいただきました。

 

誰でも喜怒哀楽は標準装備しているので、そりゃ怒ることもあるでしょう。

 

ただ、怒っているとき人は 思考も判断力も集中力も体力も低下するし、体にも、人間関係にも悪い影響があるので、一般的によい感情とはいえないでしょう。

(叱ると怒るは大違い)

 

そこで、怒りそうになったときのブレーキのかけ方ですが

 

私の場合、「中身(水)の少ないヤカンほど沸騰しやすい」「空のバケツほど叩くとうるさい」と心の中で言うようにしてます。

 

意味は言葉のままで

昔から、短気な人、怒りっぽい人のことを「瞬間湯沸かし器」といいますが、火力が強いとは限りません。

水が少ないほど お湯はすぐに沸騰しますから。

 

それと 空のバケツほどドリフのタライなみに

叩くと大きな音を出します。

 

これを となえると心に冷静さが戻ってきます。

腑に落ちた方は、この二つを 怒りのブレーキに使用してください。

 

もちろん

怒れないのと 怒らないのは違うように

「怒り」も大切な感情だから神様もくれたわけですが、湧きやすい感情なので、自分を見失わないように制御しないといけません。

 

自分の機嫌がとれて 大人。人から機嫌をとってもらおうとするのは子供。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 06:46 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:46 | - | - |
コメント
コメントする