CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年9月12日 おはようございます。「筋肉鐵学」 | main | 令和2年9月14日 おはようございます。「筋肉鐵学」 >>
令和2年9月13日 おはようございます。「筋肉鐵学」

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

昨日、ジムの会員さんが「トレーニングって難しいですね」と言っていたので

「そういうときは、「難しい」じゃなくて「おもしろい」って言うの」と話しました。

 

これって大事

 

「難しい」なんて言ったら、せっかくの頭(脳ミソ)も筋肉も なまけて仕事しません。

 

理由は簡単で、頭は「難しい」ことが嫌いだから

(「難しい仕事」と言われるほど燃えるという人もいるかもしれませんが、今日は一般論)

それとは反対に「楽しい」ことや「おもしろい」ことは大好き。

 

もし、上司から同じ内容の仕事を依頼されるとしても、「これは難しい仕事」と言われたのと、「これはおもしろい仕事」と言われたのとでは、やる前から気分が違うはずです。

 

人間の身心も頭(脳ミソ)も すごい力を持ってるんです。

でも、どんなにすごい力を持っていたとしても、やる気が働かないと起動しない。

燃料満タンのレーシングカーも 着火しないと走らない。

 

肉体を進化させるためにトレーニングしているのだから、「難しい」なんて脳ミソ閉店するようなこと言わないで、「おもしろい」と言って、脳ミソも筋肉もワクワクさせてあげる。

すると脳は、おもしろくなるようなことを思いつきます。

(「おもしろい」は、脳ミソの着火(やる気)剤)

 

自分をなめたらいけません

できない自分がいるのではなく、できないと思っている自分がいるだけです。

 

ちなみに、私が知るところでは、「何か おもしろいことないかな〜」なんて言っている人で、おもしろい人はいない。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 12:38 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:38 | - | - |
コメント
コメントする