CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年9月13日 おはようございます。「筋肉鐵学」 | main | 令和2年9月15日 おはようございます。「筋肉鐵学」 >>
令和2年9月14日 おはようございます。「筋肉鐵学」

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

 

熊吉

何処の農家でも そうだと思いますが

家の畑にも 親父と母ちゃんがいろいろな作物を育ててます。

 

リンゴや柿、ブドウといった果樹もあれば

キュウリに人参に大根などの野菜。

 

小さいころから見てきたので、「当たり前」と思っていたけれど

よく考えてみれば、同じ土地(土)で、同じ太陽の陽や風や雨も浴び、同じ空気を吸っているのに、リンゴは赤く、柿はだいだい色に、ブドウは紫になって、キュウリは緑になります。

色も違えば、形も違うし、味も違えば、栄養素も違う・・・同じところに育っていながら、これって凄いこと。

(人間なら無理に教育されて、画一化してしまうところですが)

 

なぜ違うのかといえば、それは「種(たね)」が違うから。

 

人間は、いろいろな色の食べ物を食べることで、いろいろな栄養素を吸収し、心と体の健康を保ちます。

それと同じで

この地域の健康も、同じところに住みながらも、一人ひとりが違った色を持ち、味を持っていることで、維持され作られている・・・

 

私が思いつかないこと、できないことを

私ではない誰かがしてくれる

それが地域の「身心の健康」「考え方の健康」につながっていく。

 

私たち 一人ひとり 人それぞれが「種(たね)」。

 

無理に特徴を持とうとしなくても

差別化をはからなくても

自然に特性・特徴を持つようになるはず

 

人と違うことが個性ではなく

自分であることが個性だから。

 

そして

地域の可能性は、どこか遠くから来るコンサルタントが握っているのではなく、地域に住んでいる私たちにあります。
 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 05:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 05:51 | - | - |
コメント
コメントする