CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年10月8日 おはようございます。「筋肉鐵学」 | main | 令和2年10月10日 おはようございます。「筋肉鐵学」 >>
令和2年10月9日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

熊吉

 

もう何十年も絵を描いていませんが

ふと、「あぁ 光は、影を描くことで表現されよね」

そんなことが頭に浮かんできました。

(陰影をつけるというくらいですから)

 

学生のころ、自宅で趣味で描いていたくらいなので

専門的なことは何もわからないのですが

 

自分の感覚では、光を表現するには影を描きます。

(影を描くことで光を表現する)

そして、明るさを強調するときほど、影はより濃いものになっていく・・・

 

なんだか それがおもしろく思えたんです。

 

感情でいったら、辛さや苦しみ、さみしさで愛を表現するように

(胸が苦しいとか、せつないとか)

喜びと嬉しさを盛り込むことで、哀しみの深さを表現するように。

(喜びが大きかったほど、悲しみが深いとか)

逆の存在があるからこそ語られる・・・それは絵だけではなく、すべてにつながることだと思います。

 

陽が射せば 必ず影ができるように

喜びばかりの 喜びもなければ

哀しみばかりの 哀しみもない

影でなければ光は表現できない

なるほどなぁ・・・

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 07:42 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:42 | - | - |
コメント
コメントする