CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 令和2年10月14日 おはようございます。「筋肉鐵学」 | main | 令和2年10月16日 おはようございます。「筋肉鐵学」 >>
令和2年10月15日 おはようございます。「筋肉鐵学」

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

人間は、同じことをやっていると あきて嫌になってしまいます。

それはきっと 人間には「成長したい」という本能があるから。

 

「まさか」という方もいるでしょうが

もし、「別に成長なんてしたくない」というのであれば、同じことをやっていても あきないはず。

それが、同じことをするのが辛いというのは、それは成長したいから・・・

 

 でも、昨日の「今は今だけ、無二の今」と同じで、実際のところ「同じ」なんてことがあるかといえば、いくら同じ職場でも、毎日全く同じ出来事に出くわすとか、毎日まったく同じ仕事をしているなんてことはないはず。

 

自分自身も、今の自分と5年前の自分、10年前の自分も、まるっきり同じなんて人はいません。

 

そう考えると、「同じ」というのも「当たり前」と同様に 思い込みのように思えます。

 

だから・・・

「あきる」原因は、「同じこと」だから「あきる」のではなく

「同じこと」だと思ってしまうから「あきる」。

 

これはトレーニングでも仕事でも同じです。

  

同じことをやっていると思えば、そこに工夫も生まれなければ、熱意も生まれてきません。

 

違いに気付く 変化に気付く

そうすると発見が生まれ 工夫が生まれ、情熱が生まれ、それが成長につながります。

 

カラダも、「トレーニングしても変わらない」なんて思い込んでいると、発見も工夫も熱意も生まれてこないでょう。

 

成長しないのは同じことをやっていると思っている(思い込んでる)から

そして、あきるのは成長していないから。

 

そう大抵成長の妨げになっているのは「思い込み」です。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 01:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |
コメント
コメントする