CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
令和2年7月2日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

 

「鐵學:筋肉勉強会」

熊吉

6月28日(日)に開催した「美文字練習会」ですが、ありがたいことに「参加したかった」「またやって」という声を多くいただいたので、前回と同じ内容(ひらがな)で、再度開催させていただきます。

 

◎日時は7月19日(日) 午後2時00分から3時30分まで

練習会終了後、1時間ほど持ち寄りで「お茶会」を楽しみます。

 

◎参加費は2,000円(本代と練習用ノート代を含む)

ただし、前回参加された方は500円

 

◎持物は愛用のペン(色は自由)

 

◎定員は15人とさせていただきます。

 

基本を練習し、自分の名前や好きな言葉などを書いてみましょう。

 

【注意】あくまで指導は美文字で有名な某先生の「ご著書!」(私は素人です)。本のうたい文句のように、本の通りに練習したら美文字になれるのかを楽しく体験する練習会です。

 

教室が終わってからも先生(著書)を持ち帰ることができ、自主練習も存分にできます。お気軽にご参加ください。

 

  

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご気元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 08:02 | comments(0) | - |
令和2年7月1日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「鐵學:ボディビルからの学び」

 

「人は何で出来ているのだろう?」

そんなことを考えていたら、頭の中に「魅力」って浮かんできました。

 

自分が好きな物を食べて、そのエネルギーや栄養などで体が作られていくように

 

食べ物も、着る服も、読む本も、音楽も、趣味も、旅行も、ご縁も、ビールの銘柄も人は自分が魅力を感じたものを選び、そして それを吸収して自分を作っていく。

(中には、「食べたらお腹こわした」・・・なんてことも経験しながら)

 

言い方を変えれば、人は自分が魅力を感じたもので出来ているのだと思います。

 

何に魅力を感じるか・・・それが自分。

 

きっと魅力的な人ほど、魅力的なものをたくさん吸収しているのではないでしょうか。

 

 

そして、人は魅力を無視できない生き物なのかもしれません

その時は無視できたとしても、心のどこかで燻(くす)ぶり続け、心を離れることはない・・・

 

ちなみに、子供のころ欲しかったけど買ってもらえなかった「マジンガーZの超合金」。

10年ほど前 息子が誕生日プレゼントで買ってくれたときの嬉しかったこと。

きっと40年近く欲しいままだったのでしょう。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:52 | comments(0) | - |
令和2年6月30日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

 

「鐵學:ボディビルからの学び」

先日の日曜は美文字練習会を開催して

そのあと、「どこまで楽しいんだ」って飲み会までできて・・・いやいや幸せ。

しかし あらためて書字は、いろいろ考えさせられました。

 

小さいころ「字を憶えなさい」とわたされた教科書は、みんな同じだったはず。

それが何十年も書いているうちに それぞれクセがついてきて・・・たぶんこれは 字だけじゃないはず。

 

きっと 出来事・物事の見方や考え方にもクセがついているんだろうなぁ・・・そんなことも気付かされます。

 

 

話す言葉は形を残しませんが

書字には そのときどきの自分の心の様子が現われます

息を調え、字を調え、気持ちを調える・・・それが心地良い。

 

ボディビルもそうですが書字も、短い時間でもいいからコツコツ継続していると、前の自分よりマシになれる。

 

誰かの容姿を、誰かの才能を、誰かの生き方を うらやましいと思うことがあるかもしれない・・・だって人間だもの。

 

でも、誰も自分以外の自分になれはしないのだから コツコツコツコツ自分磨き。

ボディビル同様、書字もおすすめです。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 18:46 | comments(0) | - |
令和2年6月29日 おはようございます。

 

 

昨日は「美文字練習会」を開催させていただいたところ、練習会には16人の参加、さらに飲み会には23人の参加をいただき、またまた楽しい時間を過ごすことができました。

 

練習会の段取りは

まず 講師の「本」の紹介。

そして、普段の字で 自分の名前と好きな言葉を書く

(今回は「ひらがな」を綺麗に書く練習なので、すべて平仮名で)

本を見ながらノートに書き込み練習開始

その間、綺麗に書くポイントを、本を読みながら説明

1時間半 練習してから、もう一度名前と好きな言葉を書く

 

そして 気持を切り替え飲み会!

 

これがまた 最高に楽しかった!

 

次回も早めに開催したいところですが、なにしろジムには冷房がないので、真夏の開催は困難・・・秋・冬・春の開催を検討しています。(今回参加できなかった方もぜひ!)

それまで みなさん自主練習に励んでください。

 

さて、来月の勉強会ですが

「庄内論語」について学んでみようと思います。

 

庄内藩の藩校の「致道館」の致道は「君子は学んで以って其の道を致す」という論語の言葉から取ったものだそうです。

 

ボディビル同様、学びにも「もう遅いはない」

次回の勉強会もお楽しみに!

(もちろん 勉強会終了後は飲みます!(何事もバランスが大事))

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

| 筋肉な毎日 | 16:06 | comments(0) | - |
令和2年6月28日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

「鐵學:ボディビルからの学び」

 

ボディビルには いろいろ 良いところがあるのですが、その中でも特に良いと思う点は「あるものしか磨けない」ってところ。

これが最高にいい!

 

バーベルやダンベル、各種マシンなどを使うものの、鍛える対象は あくまで自分の体(だけ)。

 

「自分の体形は胴長短足で嫌だ」とか「太っているから嫌だ」とか、自分の体に山のように不平不満があったとしても、その体を鍛えるほかありません。

 

自動車を改造したり、家を改築するように、都合よく足したり引いたりはできなくて、先祖から、親から「いただいた」体を磨くことしかできない・・・これが良い。

 

自分の良いところ、悪いところを、そのまま受け止めて、それを自分の器量で技量で磨きをかけていくところにボディビルの良さと学びがあります。

 

そして、トレーニングを継続していくと、欠点ばかりが目に付いていた自分の体に、眠っていた能力というか可能性があることに気付きます。

 

欠点ばかりの体なんてありません

みんな長所もあれば短所もあります

使うと気付きます

そしてそれは変化します。

 

「そんなことないよ」「もう無理だ」「もう遅い」と、あきらめてしまうのも自由ですが・・・正直もったいない。

(磨けば光るのに 本当にもったいない)

 

ないものに目を向ければ不満が生まれ

あるものに心を向け手を掛ければ可能性が生まれてくるもの

 

誰の体にも必ず可能性があります(これは絶対)

やればわかるさ! 自分にご期待ください!

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 10:23 | comments(0) | - |
令和2年6月27日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「鐵學:ボディビルからの学び」

 

「調子に乗れ、図に乗るな」

これはジムで私がよく口にする言葉。

 

「調子に乗る」という言葉は、おだてられたりもちあげられたりして、いい気になって物事を行うという意味があるので、あまり良いイメージはないかもしれませんが、仕事などに弾みがついて順調に進むという意味もあります(これ大事)。

 

筋肉の発達も伸びるときは、スーッと伸びるもの

そんなときは ドンドン伸びた方がいい。

(自転車も最初の漕ぎ出しは大変だけど、スピードが乗ってくるとスイスイ進む)

 

これ仕事でも大事です。

 

調子とはリズム。

自分なりの良いリズムを見つけ、流れを作っていくと仕事は はかどるように、自分のリズムって大事。(トレーニング頻度をあげるのも その一つ)

 

でも図に乗ってはいけない。

図に乗るとは「つけあがる」こと。

自分の能力を過大評価し慢心しては、体の成長も心の成長もありません。

 

 

親から いただいた「体」に感謝

 

トレーニングできる「道具」や「環境」に感謝

 

励まし合える「仲間」に感謝

 

この「時代」に感謝

 

そして「自分」に感謝。

 

 

ボディビルは ただ筋肉を大きくするための法ではありません。

図に乗るようでは、身心や生活の質の向上はありません

感謝あっての成長です。

 

さあ今日も バンバン調子に乗って いきましょう

 

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:35 | comments(0) | - |
令和2年6月26日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

 

令和2年6月26日 おはようございます。

「鐵學:ボディビルからの学び」

 

昨日は、人と比べて凹まない。忘れちゃいけない昭和のフレーズ「よそはよそ うちはうち」を思い出そう・・・という話をしました。

 

以前、「ゾウはキリンの進化を笑わないし、キリンもゾウの進化を笑わない」、そんな話をしたことがあります。

 

長い鼻が特徴のゾウに、長い首が特徴のキリン。

特徴は全然違うけれども、どちらも動物園の人気者。
 

全く違う進化をした2つの動物ですが、ゾウがキリンに向かって、「首は動物の弱点なのに、そこを伸ばすなんてバカなの?」なんて言わないだろうし

キリンもゾウに向かって「鼻だって弱点だろ、それを地面まで伸ばすなんてバカなの?」なんて言わないでしょう。

 

たしかに 首も鼻も どちらも動物の弱点。それをお互い2辰眇ばしたのですから大した度胸と根気です。(餌の奪い合いもない)

 

それに・・・もしかすると、ゾウはキリンに「君は首が長いから 遠くまで見えるだろ。危ないことあったら教えてくれよ」と言い、キリンはゾウに「そのデッカイ耳なら どんな物音も聞こえるよね、何かあったら教えてちょうだい」とか言いあっているのかもしれません。(能力を共有して安心生活)

 

人は「失敗」「間違い」をやたら嫌いますが、人間やほかの動物の進化を見てもわかるように、生き残りの手段は一つではなく、種の数だけの正解があるといえます。

 

鳥は犬のように大地を早く走れなくても、嘆いたりしません。

犬も鳥のように大空を自由に飛べなくても、悲しんだりしません。

 

それぞれが持って生まれたもの(能力・機能)で生きてる。

人の生き方もそれで いいじゃないでしょうか 

 

同じでなくてもいい

違がっているのが自然で、違っててOK。

 

人の意見に対しても、「あいつの この考え方がダメ」といった批判や否定じゃなくて、「僕はこう考える」でいいと思う。(競争より共創・協創)

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:48 | comments(0) | - |
美文字練習会 もう二人OK

6月28日(日)開催する 美文字練習会

「もう お二人参加OKです」のご連絡

 熊吉

 

再度内容をご連絡

 

今回のお題は「ひらがな」を綺麗に書けるようになろう!

 

【対象】 ジム会員・ジョサネ会員・鐵人之國関係者

 

【日時】 6月28日(日)午後2時〜3時30分

 

【持物】 参加料2,000円(本代、練習用ノート代を含む)、愛用のペン(色は自由) 暑いかもしれないので、飲み物やタオル等もご持参ください。

 

【乾杯】 練習会が終わったあと「飲み会」も開催します(参加自由)。

それぞれが飲みたい物、食べたい物を持ち寄りながら楽しい時間を過ごしましょう。 午後4時 開始

 

もちろん飲み会だけの参加も大歓迎!!(こちらの方は何人でもOK)

 

 

気軽にお申し込みください。

 

 

| 筋肉な毎日 | 18:50 | comments(0) | - |
令和2年6月25日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「鐵学:ボディビルからの学び」

昨日は、「人生いろいろ悩んだら筋トレしよう!なぜなら、筋肉は「努力」を裏切らないから」、それと「個人の可能性」の話をしました。

 

そんな話の続きで

この時代はなにかと比較される時代なので(情報時代なので容易に比較しやすくもなっています)、自分と、あの人 この人 いろんな人と比べて自信を失ったりすることもあるでしょう。

 

ジムでは、そんなときは「昭和を思い出そう」と話しています。

 

 

昭和の中頃は、一億総中流なんて冗談じゃない、お宅お宅で まだ貧富の差がハッキリしていた時代です。

(カレーにお肉が入ってるのは当たり前じゃない、我が家では事件です)

 

おまけに、学校で先生に叩かれたなんてことがバレると、(情報源は目撃した友だちが親に話し、親から親へと情報が・・・)その何倍も親父に叩かれる。そんな暗黒の時代(笑)。

 

 

今どきなら「○○君も○○君も、みんな持ってるんだ、僕もほしいよ」と言ったら、「あらそうなの どうしようかしら」なんて反応が返ってくるかもしれませんが、昭和の親はそんな要求「よそはよそ うちはうち」の一言で吹き飛ばすものでした。

 

「他所(よそ)は他所」「家(うち)は家」ごもっとも過ぎてなにも言えない。

 

そう これが ごもっとも。

だから、あちらこちらと自分を比較して凹みそうになったときは、「人は人 自分は自分」で良いのだと割り切って、自分ができることに集中する。

自分ができることで、周りが元気になること、明るくなること、嬉しくなることに力を注ぐ。(自分のやったことが返ってくる:返報性の原理)

 

 

「個性の時代」と言葉ばかりが広がってるけれど、昭和の方が個性的だった気がします。

 

腑に落ちた方は、昭和のフレーズ「よそはよそ うちはうち」をご活用ください。

 

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 08:10 | comments(0) | - |
令和2年6月24日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

「鐵学:ボディビルからの学び」

思い込みで「自分の可能性」を小さくしていないか?について

 

人って「大体 自分ってこんな人間」「自分の能力ってこれくらい」などと、おおよその自分の能力や器を決めている(見積もっている)ところがあって

 

でも、この見積もり・・・実際より大きく見積もっている人は稀で、ほとんどの人が、自分の可能性を少なめに見積もっていて、おまけに変わらないと思い込んでいる人が多いようです。(「俺(私)なんてどうせ」「今さら どうせ」といった言葉もその表れでしょう)

 

でも 筋肉を鍛えてみるとわかります。

 

ボディビルをやり始めて筋肉が発達してくると、みんな表情がドンドン良くなってきます(特に笑顔が)。

 

「体調が良くなった」「体形が変わってきた」のも その理由ですが、長年見てきて感じるのは、「自分を変える」ことができた喜びと「自分は変われる」ことを「具体的」に知った喜びだと思うのです。

 

それが自信となって表情が明るくなってくる。

 

日常生活で、自分の成長や変化を実感できる機会って そうそうなくて、仕事も大抵はチームで仕事をするので個人のスキルアップを実感するのは難しい。

それが筋肉なら目に見えてわかります。

 

磨けば、体調も体形も体質も体力も変わる(人によっては身長も変わる)。

なにかと変わるからわかりやすい。

 

誰でも、小さいころ、親や学校の先生、同級生などからの何気ない一言に傷付いたり(言った本人は気にもしてない)、失敗して人前で恥をかいたことだったり(周囲は憶えてない)・・・そんな小さな心についたキズが自信を失わせていることがあると思います。(外傷がないから気付きにくい)

 

でも、人は成長する生き物、変化する生き物。

 

昨年の流行語大賞に最後まで残った「筋肉は裏切らない」は、みんなで筋肉体操で有名な谷本道哉先生の言葉。

これに もう一言加えるなら、「筋肉は「努力」を裏切らない」です。

正しい努力は必ず肉体に良い変化を与え、それが気持ちにも影響を与えてくれます。

 

筋肉が変われば人生が変わる。

人生いろいろ迷ったら筋トレ(裏切らないから)。

ぜひ「ご自分に」ご期待ください。

 

今日も みなさんにとって幸せ多き一日でありますように、「ありがとう」「ご氣元」で 楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:52 | comments(0) | - |
<< | 2/633PAGES | >>