CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
2月3日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

【商道の筋道】

 

今週、商工会さんでの講演をさせてもらったおかげで

 

あらためて

「自分にとって仕事とはなにか」

「商いとはなにか」などについて考えるようになりました。

 

 

ボディビルは30年でも

商いは まだ10年。

 

 

ボディビルも深遠ですが

商の道も深くて遠い

 

 

日本は、剣道や柔道、華道などに「道」という字を用いますが、商いにもまた「商道」というものがあるように感じます。

 

 

「商いを武道などと一緒にするのは・・・」という方もいるかもしれませんが

 

起業して5年後に残っているのは、わずか20%

さらに10年後は5%といわれています。

 

 

「成功する/しない」ではなく

「生存できる/できない」の世界。

 

 

そもそも趣味ではなく生業(なりわい)ですから

楽しいけれど甘くはありません。

 

 

それでも、この「商道」はとても楽しく

そして、超実践的にいろいろ道理や現実が学べる道です。

 

 

できれば

年齢性別問わず 商いを始める人がドンドン増えてほしい

 

 

そうすれば

人が変わる、地域が変わる、社会が変わる・・・そんな予感が(とても強く)しています。

 

 

 

まだまだ未熟ですが

明日も「商道の筋道」について。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
2月2日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

GYM内でも

トレーニングDVDでも

YouTubeでも

 

 

それらのトレーニングを真似るだけでは

自分のモノにはできません。

 

 

真似はマネでしかないんです。

 

 

本当に自分のモノにしたかったら

真似るのではなく盗むこと。

 

昔は「仕事は教えてもらうものではなく、盗んで覚えろ」といわれたものです。

 

今時の職場だと

「教えてあげる」のが基本でしょうが

 

 

学ぶ気がなければ、教えられても覚えません。

 

逆に、学ぶ気持ちがあれば

仕事のやり方は自然に見えてくるし

なにを聞いたらいいのかも見えてくるはずです。

 

 

本当にモノにするには真剣に盗むこと。

 

 

トレーニング技術を盗むことは罪ではありません。

 

 

それどころか

盗まれた方も きっと喜ぶと思います。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月31日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

 

 

今日は商工会さんでの講演の日。

 

 

ご期待に沿えるよう

経営理念的なものを いろいろ考えていたんですが

 

 

「もっと」しか思い浮かばない・・・

 

 

もっと楽しく  もっと明るく

 

もっと元気に  もっと充実

 

もっと素直に  もっとお笑い

 

もっと成長   もっと普及 

 

もっと繁盛   もっと前進

 

もっと筋肉      

 

 

「昨日より もっと、今より もっと」ですね・・・今は。

 

 

原稿も大方完成。

午前のJOSANE教室から 

午後は三川町にお邪魔します。

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月30日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日、「どのタイミングで重量を上げたら(加重)したらいいのでしょう?」という質問を受けたので、そんな話を・・・

 

 

トレーニングをやっていて、使用重量を上げるタイミングって難しいといえば難しいかもしれません。

 

本当は「これだ!」と言えるような、絶対のタイミングというのはないかもしれません。

 

でも、それでは答えにならないので・・・

 

 

私がオススメしているのは

 

 

「今あつかっている重量が軽く感じたら、セットの途中でも即座に重さを上乗せする!」です。

 

重さに挑戦するのではなく

軽く感じた時が、自分の力量が増したときなので

そのタイミングで重量を増やします。

 

 

できないうちは できない

できるようになれば できる・・・そういうものです。

 

 

当たり前といえば かなり当たり前のことなんですが

 

ついつい人は、より早く、より大きな成果を求めたがります。

でもそれは頭で考えているから。

 

体(現場)にとって急激な変化は、大きな負担でしかないんです。

(ケガやリバウンドの素です)

 

自分の体の成長に合わせていけば

使用重量は漸進的に伸び、そして体も自然に発達します。

 

 

 

ちなみに

 

いつも挙げている重量が、やたら重く感じた時は、迷わず重量を下げます。

 

10キロの重りは、いつも10キロですが

人の体は いつも同じではありません。

 

その時々の体の状態に合わせて、常に負荷を100にすればOK。

 

必ず発達します。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月29日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日は

お互いのマイナスを補えないと

お互いの力も生きてこない。

「仕事はチーム力」という話をしました。

 

 

いくら守備が鉄壁でも

攻撃力が弱過ぎては得点は取れないわけで

 

逆に、攻撃力は抜群でも、守備がお粗末では、得意の攻撃力を発揮することもできないでしょう。

 

仕事も同じだと思います。

 

 

仕事に限らず

日常生活でも いろいろなことが起こります。

 

人間はついつい

それらを「良いこと」「悪いこと」と振り分けしがちですが

それは自分の都合でつけているタグです。

 

 

今は、「この せいで」と思うようなことが

その経験を活かすことで

後に「あの おかげで」に変わることがあるもの。

 

 

 

日々の出来事には

甘い、塩辛い、苦い

それぞれ味があります。

 

濃ければ薄め

薄ければ足し

加減を加え

いい塩梅(あんばい)で過ごしたいものです。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月28日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

昨日、会員さんと

「仕事についてのポジティブ」の話になったので、引き続き今日もその手の話しで・・・

 

 

以前、競争より共創や協創って話をしたことがあります。

 

 

お互いに「競う」のは大Okですが

競った上に争う(競争)必要はないと思っているので、競争という言葉はどこか苦手です。

 

 

それに、学生時代なら試験やテストで順位づけられるので、競技なら個人戦ですが、社会人になって仕事をするようになると、仕事はチーム力の勝負。つまり団体戦。

 

 

だから競争しているより、共創・協創。

その方が、良い仕事、質の高い仕事をすることができるはずです。

(どんな偉業も個人で成し得たものはないんですから)

 

 

「仲間」という表現もありますが

やはり仕事は「チーム」とか有志といった意識でしょう。

 

 

そこで大切になるのは

個々の力を出し合うことと(プラスを出し合う)

互いの弱点を補い合えていること(マイナスの補填)

だと思います。

 

 

 

それぞれが持っている

8、9、10といった力は、マイナス部分がそのままだと、合計から引かれてしまいます。

 

現実には、感情がこじれ「0(ゼロ)」より低くなることもあるでしょう。

 

逆に、それぞれの強みが、それぞれのマイナスを補え合えるようなら、はじめて、それぞれの力は加算される・・・

 

足し算を超え、掛け算になることもあるでしょう。

 

 

ただし、それは仲間という感覚ではなく

チームという厳しい意識の中で育まれるもの。

それとリーダーの熱です。

(「冷」も「熱い」も伝わりやすいんです)

 

 

チーム鐵人之國も8月12日の開催を目指し春から全力で活動します。

 

ご期待ください。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月27日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

 

昨日の約束で

ポジティブシンキングな話を

 

 

明るく前向きでいたいと思っているのに

なにかイライラしている・・・そんなことってありませんか。

 

 

その原因について、なるほどの話しを聞いたので、自分に置き換えてご紹介します。

 

 

私は、雪道を30キロくらいで、しかも中央によりながらトロトロと前を走っている車を見ると、「なんで左に寄らないんだ!」とイライラします。

 

 

市内のR112沿いにあるホーマック、マックスバリューの駐車場内を、最短距離で走りたいがために、駐車ラインを斜めに横断し走行する車を見ても、運転手の身勝手さと、危険予測の甘さにイライラする。

 

 

物の取り扱いが乱暴な人を見ても、嫌な気分になります。

 

 

ほかにもあるのですが

 

それらの出来事と遭遇したときもそうですが

 

「なんであんな運転するんだ」

「周囲にも気を配れよ」なんて感じで

しばらくの間、それを思い浮かべて不愉快な気分になることもあります。

 

 

しかし、これらのイライラのモトには共通点があって

その一つは、「自分以外の誰かがやった」こと。

 

それと もう一つは、それらの出来事に出くわすと、いつもイライラするのかというと・・・そうじゃないということ。

 

 

自分の気分が良いときや、時間に余裕があるときなどは意外に気にならなかったりするのに、同じことでも、ストレスがたまっている状態だと敏感になったりする・・・ということは

 

 

誰かが起こした行動よりも

自分の心のコンディションによるところが大きいということです。

 (鏡とはよくいったものです)

 

 

原因は、外ではなく内にあり。

 

心の乱れは自分の負担になります。

 

いつも気持ちをニュートラルな状態にするには

他者ではなく、自分の心のコンディションを改善し、それを保つことが大切ということになります。

 

 

ちなみに

心のコンディションの改善と維持には・・・

 

「ありがとう」と「深呼吸」、「読書」

 

それに「筋トレ」の習慣が効果的だと思います。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月25日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

敗者復活戦が設けられている競技は

柔道や野球、レスリング、テコンドー、将棋などに限られています。

 

 

しかし

競技と違って

仕事の敗者復活は

いつでもOK

いつまでもOk

どこまでもOK




しかも、競技の敗者復活戦は勝ち上がっても3位くらいが上限なのに比べ、仕事なら優勝が可能。

 

一度や二度の失敗も肥やしに

腹を決めて再挑戦。

 


人との勝ち負けに囚われることを良いとは思いませんが、以前の自分よりも強くなる、成長することは必要です。

 

それに、人を引っ張り上げる(けん引)ことができるのは、その人より高い位置にいて、さらに引き上げる力を持っていなければいけません。

 

実力がないとできないんです。

 

 

まだまだ、先は長くて、そして高い・・・そう感じます。
 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月24日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 



熊吉

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

なにかに取り組めば、それなりに必ず結果がでます。

 

頭の中のイメージは先をいっているので

現実というか実際とのギャップに戸惑ったり、凹んだりもします。

 

 

でも、真剣に取り組んだのなら

それに見あった報酬は必ずいただいているはず。

 

ただその報酬は、その時は辛く思えること、苦しく思えることが多く、あまり欲しくないようなことが多いんです。

 

でも成長に必要なことを ちゃんと与えてくれてます。

(振り返れば宝物です)

 

 

「現実の壁にぶつかった!」と思うかもしれませんが

たぶんそれは壁ではなく階段の段差。

 

 

今までの歩き方だと ぶつかった(つまずいた)けど

不安定になるけど、いつもより片足を高く上げて、一歩踏み出せば、次の段にいけます(ステップアップ)
 


 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

| 心 こころね 音 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月23日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

「100%筋肉」POWER GATE

(腑に落ちたら参考にしてください)

 

 

人は そう強い生き物ではないので

 

弱音や

人の悪口や愚痴

否定的な言葉

体から元気が失われてしまうような言葉を

つい口にしてしまうことがあります。

 

 

昔は、それらを言うことで

憂さを晴らした・・・なんて気になっていましたが

 

 

今では、それらの言葉を口にするほど

不満も不安も弱気も増すことが わかるようになりました。

 

 

 

それでもマイナスの言葉を

つい口にしてしまいそうになる時があります

 

 

そんな時は、先人の知恵を借りて

「歯を食いしばる」。

 

食いしばれば出てこれない(笑)

 

 

 

「歯を食いしばる」というのは、元々「悔しさ、苦痛などを必死にこらえる」という意味ですが

 

 

言葉を飲み込むという言葉もあるくらいですから

出かかったマイナス言葉を「噛んで縛り付ける」。

 

 

噛んで噛んで噛みまくっていれば

つらいことでも笑いに変えられる気がします。

 

 

そういえば

 

昔、萩本欽一さんが

「歯をくいしばるとか 忘れちゃっただろ」って言っていたのを思い出しました。

 

なるほど欽ちゃんです。

 

 

 

今日も

「ありがとう」

「ごきげんで」で

楽しくすごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/218PAGES | >>