CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
令和元年9月10日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

                    

 

これは先日 会員さんと話していて出てきた言葉。

(調べてみると曹洞宗の藤本幸邦老師の言葉だそうです)

 

以前 仕事とお金について

 

自分のガンバリが、お客さんの喜びになって

店の売り上げになって、世の中のためになって世間も喜んで

 

お金はお客さんからの「ありがとうポイント」だから

ポイントが増えるのが楽しくて当たり前。

 

・・・という話をしました。

 

 

「お金のために仕事」という話もよく聞きます

もちろんそれも否定しません。

 

でも、楽しいか、夢が膨らむか、笑顔が広がるかといったら、「喜び(仕事)に力を注ぐ → ありがとうポイントが増える」の方が良い流れだと思います。

 

お金はとても便利でありがたいものですが やはり道具

意志や感情を持っているわけではありません。

 

仕事を通して 人に学び人を知り 世間に学び世間を知る

 

お金を追ってしまうと

どうも欲を追うようになって

人の顔が見えない仕事になってしまう気がします。

 

 

お金ではなく仕事を追う

本質的に豊かに生きる秘訣だと思います。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月9日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

                    

昨日は諏訪部さんから依頼をいただき

新潟県のハミングツアーのお客さんにJOSANE体操を体験していただきました。

(場所はクラゲで有名な加茂水族館)

 

クラゲドームシアター前で

ゆっくり漂っているクラゲを眺めながら

まったりジョサネ

 

 

気持ちがよくなってくるんです

なんだか「心が息をついた」そんな感じ

 

 

環境が変わればJOSNEも変わる

 

さらに進化させていただきます。

熊吉

 

 

 

そうそう

来年は鐵人之國(東北・北海道ボディビル選手権)をツアーに組んでマッチョツアー・・・そんな話でも盛り上がりましたとさ(笑)

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月8日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

ボディビルからの学び「鐵学」

 

昨日は 今どきの情報社会について

 

昔のように情報が限られていたり、少なかった時代なら、「情報量」の多い少ないは重要だったでしょう。

でも この現代にあっては、情報量の多い少ないより(もともとたくさんあるんだから)、それを取捨選択する嗅ぎ分ける力や吸収する力の方が大切だと思います。

 

 

「いや、それでも情報量はあった方が良いのでは?」という方もいるかもしれません。

 

それでは・・・

 

草花が咲き誇っている自然豊かなところにいて

その草花の中から、どれが食べられるのか(栄養等になるもの)、どれが食べられないのか(毒だったり腹をこわすようなもの)判断できます?

 

今の時代

野菜と雑草の違いも わからない人が多いかもしれない

(昔ならアウト)

 

咲き誇っている草花も大量の情報

そして、食べられる物、食べられない物というのも情報です。

 

大昔の人たちは

生き抜くために、それらを嗅ぎ分ける能力を磨いてきた(伝えてきた)。

 

種類は違うものの

情報は今も昔もあるんです。

(しかも今の情報は草花のようにリアルじゃない)

 

 

食べるために生きていた時代は

食べ物を嗅ぎ分ける力が重要だった。

 

では 今の時代はどうでしょう?

何を嗅ぎ分ける力が重要なんでしょう。

 

 

「もうけ話し」という人もいるかもしれない

でも ご注意ください それ食虫花(食虫植物)かもしれません。

 

 

ある人が「これからの時代は検索能力が重要」と言っていたそうですが、その真意を考えることがあります。

 

検索とは方向性

 

欲求するものが 容易に手元に届く時代ですから

「なにを求めるか」という方向を誤ると

永遠に迷う(苦しむ)ことになる・・・そんな忠告が含まれているようにも思います。(勝手な解釈ですが)

 

 

言葉をつめてつめて表現すれば

なにを求めているか・・・が その人そのものになる。その度合いが増すような気がします。(あくまで個人的な想像です)

 

人は自らが求めたもので喜び

自らが求めたもので苦しむものですから。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月7日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ


熊吉

ボディビルからの学び「鐵学」

 

今は やたらの情報社会

 

昔は 本を読むか、現場に行くしかなかったわけで、情報を得るだけでも大変だったのに、(一部の人しか情報を持っていなかった・・・なんて時代も長かった)

今どきは一瞬で(しかも労せず)洪水のように大量の情報が画面に出てきます。

 

 

ほんと すごい時代です・・・が

 

情報量は膨大に増えたものの、肝心の私たちの情報を選ぶ力、解読する力、理解する力、考える力といった吸収する力は どうでしょう?

 

 

人間は

食べ過ぎれば腹を壊し

飲み過ぎれば二日酔い

 

グラスのキャパを超えれば、水もあふれるように、過ぎた分は受け付けられないわけで

 

欲張ったところで 吸収できる分しか 身にならないし、ものにできないのが現実です。

 

 

情報量の多い少ないも大事でしょうが

それより、それを咀嚼し分解、消化、吸収する力がどれほど養われているか、養うか、その方が大事だと思います。

 

 

トレーニングもとても似たところがあります。

 

・・・続く

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月6日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

ボディビルからの学び「鐵学」

 

昨日の「今が実力 今が自分」という話

もちろん私自心のことでもあるんです。

 

 

最後にボディビルの大会に出たのが(早いもので)13年も前。

当時に比べ現在は体重で10キロ以上小さくなっています。

 

 

正直なところ、過去とは違う現在の状態を受け入れ切れていない自分を薄々感じていました。

 

同時に「もう あの頃のようにはなれない」という気持ちも・・・

 

 

「過去の筋肉症候群」とでもいうのでしょうか

昔のような「おお でっかくなってやるぜパワー」が、ここ10年ほど湧いてこないでた。

だからトレーニングをやっていても「ワクワク感」が微弱。

 

 

もちろん頭ではわかっているです

でも、心が受け入れていなかったように思います。

 

 

それが、ここ一カ月で急改善

 

今の自分をなぐさめるのではなく(ましてや悲しむのでもなく)、やっと今の実力を自分の実力として素直に認めることができるようになりました。(長かった)

 

「よ〜し!昔やっていたトレーニングを再開して筋肥大するぜ!」というのではなく、過去の経験を活かして、過去とは違う 今だからできる自分(筋肉)をつくっていこう!・・・です。

 

過去を引きずらずに ようやく再スタート

 

 

体験は活かしてこそ経験。

 

「体験」と「経験」は 似ていても異なるもの

体験すれば なんでも「体験した」になるのですが

経験の場合、身につけないと「経験した」とは言いません。

 

身につけたものは活かして「なんぼ」。

 

過去に自分がやってきたことを これからに活かしてこそ体験は経験と呼べるのだと思います。

 

おかげさまで

今はワクワクしながらトレーニングできてます。
 

数か月後の自分が楽しみ!

(お楽しみに!)

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月5日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

 

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

 

自負心があることは良いことですが

ときどき、過去の栄光(本人にとっては)を引きずっている人がいたりします。

 

ここら辺も

過去の失敗体験より過去の成功体験の方が厄介だと思うところで

 

いつまでも心がそこにいたりします。

 

輝かしい実績があったことは すばらしいこと

でも・・・それは 過去のこと 過ぎたことで今ではありません。

 

 

いろいろな解釈があるでしょうが

 

「実力」は 今まで一番良かったころ・・・ではなくて

良かろうが悪かろうが、今の状態が「実力」。

 

 

実力だけじゃなく

 

いろんな場面で いろんな自分がいて

「これは本当の自分じゃない」なんて気持ちにもなるけれど

どれも「自分」。

 

良くも悪くも

今が実力で 今が自分。

 

 

過去の自分は磨けません

(話を盛るって手がありますが)

未来の自分も磨けません

磨きがかけられるのは 今の自分にだけ

 

自分を受け入れると

また前に進めます

成長もできます。

 

私も周囲の筋肉影響をいただきながら

今の自分磨きを楽しみたいと思います。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月4日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

 

今日は、先日開催した

パワーゲート31才誕生パーティでの挨拶文をアップさせていただきます。

当日に出席できなかった方たちにも伝えられたら幸いです。

 

 

 

みなさん こんにちは

 

パワーゲート31才の誕生パーティーへ、このように大勢のみなさんから ご来場いただき ありがとうございます。

 

今回のオープニングは

富樫直行さん にカホンの演奏を

お願いしました。

 

このシンプルな音色が好きなんです。

 

また、カホンのあのシンプルな形も、どこかバーベルたちに似ていて

 

ジムの誕生日にはピッタリの楽器、そして演奏だったと思います。

富樫さん ありがとうございます。

 

うかがった話では

 

カホンはスペイン語で箱を意味し

その起源は19世紀。

 

アフリカから中南米に渡った黒人たちが、楽器の代わりに積み荷の箱を叩いたのが始まりという説。

 

それと、当時 打楽器は通信手段に使われる可能性があったことから、奴隷主によって使用が禁止されていた・・・そこで奴隷たちは、木箱を叩いて音楽を楽しむようになった・・・という説もあるそうです。

 

いずれにしても、環境・状況は恵まれてなかった中で、音楽を楽しみたいという人間の心と体が生み出した楽器、それがカホンのようです。

 

そんなカホンの歴史は、どこかパワーゲートの生い立ちに似ていて

 

パワーゲートは何かのサポートを得て発足したジムではありません。

 

筋トレにまだまだ偏見の強い時代

朝日の公民館の一室から始まったジムです。

 

それが、その時々の会員の方々の

熱意や情熱が注がれ 受け継がれ

31才を迎える今日では、300人を超える筋肉 国家へと成長を遂げています。

 

ジムを開いたのは私ですが、ジムを育てたのは 支えてくれたのは健康になりたい、強くなりたい  

自分を変えたい・・・そんな多くの人たちの気持ちと行動です。

 

これからも いつまでも そんな人たちを支えるジム、そんな人たちが集えるジムでありたいと願っています。

今後もパワーゲートをよろしくお願いいたします。

 

 

以上が挨拶文です(挨拶は短くしてます(早く飲みたいし)

 熊吉

 

本当に多くの方々のおかげで今日があります

これからもっとお世話になります

よろしくお願いします。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月3日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

先日「忙しさのせいにすれば 心を亡くし・・・」という言葉を拝見しました。

 

なるほどです。

 

「自分のせい」と自分を責めてばかりでは

心が傷んでしまいますが

 

あれのせい これのせい

何かのせい 誰かのせい

 

自分以外のもののせいにするのがクセになってしまうと

まるで批判家・評論家のようになってしまい

自分を変える努力をしなくなってしまいます。

 

 

忙しさのせいにすれば 心を亡くし・・・にならって

 

 

人のせいにすれば 自分を見失い

 

年齢のせいすれば そこから老いがはじまり

 

時代のせいにすれば 思考はサビ付き

 

運のせいにすれば 幸運は遠くなる。

 

 

生きていくって なかなか大変で

誰でも弱いところがあるものですが

少し受け止め方を変えて

 

「忙しさ」は おかげさま

 

「歳をとる」は おりがとさま

 

「人や世間」は おせわさま

 

時代に学び、運に感謝

 

 

そんな気心でありたいものです。

 

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年9月1日 おはようございます。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:こころ

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

押すドアを いくら引いてもドアは開きません

 

がんばって 引けば引くほど

「出られない!」とあせってしまいます。

 

 

引くドアを いくら押してもドアは開きません

 

がんばって押せば押すほど

「閉じ込められた!」と思ってしまいます。

 

 

思い込みを解いて

別の見方、考え方、そして行動をすれば簡単に解決できるのに

 

人間は脳が発達したせいか

(人間自身の評価ですが) 

思い込みが強く、大きく、激しくなりやすいようで

 

自身の思い込みから発想の自由を奪われてしまうことが よくあります。

 

自分の思い込みで自分の思考・発想を拘束してしまうんですから、頭が良いんだか悪いんだかよくわからない。

 

 

なんで こんな話をしたかというと

 

 

実は現在、15年連続で開催してきた鐵人之國(東北北海道ボディビル選手権)の構成を大改造しようとしているところなんです

 

スタッフと一緒に15年改良に改良を加えてきて現在に至っているので、「これ以上の方法はないだろ!」というのが本音。

 

それでも「最高」「絶対」といった思い込みを一度捨てて

見直しに取り掛かってみると・・・大きな改善点が見えてくるもんなんですね。

 

頭に浮かんできた言葉が

 

「間違いない」と思っていることが 大間違い

「問題がない」と思っていることが 大問題

「改善できない」と思っているところから まず改善。

 

 

トレーニングでも大会の構成でも

 

間違っていない もうこれは改善できない・・・というものほど、大きな改善ができる・・・ますますボディビルが楽しくなっているところです。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

| 心 こころね 音 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年8月31日 おはようございます。

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:健康

熊吉

 

ボディビルからの学び「鐵学」

 

以前 樹木希林さんが「生き良くする」という言葉を使っていました。

 

人はついつい

「良く生きよう」としますが

 

良く生きるのではなく「生き良くする」

 

世の中には

「自分が好きなことだけやっていけ」なんて

ずいぶん乱暴なことを言う人もいますが

 

生きやすいように生きる方が自然です。

 

毎日も

時代も

人の感情も

常に変化し続けます

 

自分らしくではなく
自分なりに生きる

 

「良く生きよう」として肩に力が入ってませんか?

 

日々を生き良く過ごす・・・

 

そのしなやかさ

今の時代にはとても大切な感覚だと思います。

 

 

今日も
「ありがとう」
「ごきげんで」で
楽しく過ごしましょう。

 

| 心 こころね 音 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/252PAGES | >>